昨日、田植えが終わった。

例年だと、たくさんの親子が集まり、ワイワイと楽しみながらの田植えだが、今年は様子が違った。

例の件で子どもたちを集めることは出来ない。

止む無く、スタッフと父兄の手伝い20名余りでの田植えとなった。

7,8名ずつ3つのパートに分かれ、それぞれの田んぼに苗を植えていった。

空には入道雲。

なかなかの田園風景である。

IMG_0283

みんな手慣れたもので、スイスイと植えていく。

グズグズしているのは僕だけだった。

大小6面の田んぼは、赤米、黒米、緑米、もち米と4種類の苗で埋め尽くされた。

種を蒔いてから植え付けまで、2か月かかっている。

3月末、苗代(種を蒔き根を育てる田んぼ)の準備から始まった。

IMG_0687

4月はじめ、種を蒔いた後は、黒ビニールでトンネルを作り、発芽の促進が図られた。

IMG_0710

水温や、田んぼに流れる水の量などを気にしながら、少し遅れたが何とか育ち、今日を迎えた。

IMG_0259(1)

この間、稲を育てる田んぼの方の準備も大変な労力を必要とする。

そのほとんどを、田んぼ担当者の、Kさん、Sさん、Fさんの3人が行った。

僕の出番はほとんど無かったし、有っても足手纏いになるばかりである。

3人には頭が下がる思いで一杯である。

これから秋に向けて、まだまだやることは山積している。

秋には子どもたちも集まることが出来て、みんなで稲刈りを楽しみたい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

鳥害だろうと思い、イチゴにネットを張ったが、その後も被害は続いた。

雨の後、黒マルチに獣の足跡が残っていた。

ネットも小さく破られている。

隣の畑のWさんもかなり被害にあっていた。

アライグマかハクビシンに違いない、とWさんが市役所に相談した。

即日、業者が来て、トラップをWさんのイチゴ畑に2か所仕掛けて行った。

IMG_0234

IMG_0235

夜行性なので朝引っかかっていたら連絡をすればすぐに引き取りに来るという約束だった。

あまり期待はしていなかったが、なんと2週間で4匹のアライグマが掛かった。

このところ、イチゴの被害も無くなった。

やはり、アライグマのせいだったのだろう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

隣の畑主から、「そろそろ、採り時だよ」と声が掛かった。

ニンニクのことである。

茎が余りにも細いので、今年もダメかなあと期待していなかった。

IMG_0265

恐る恐る、最初の一本を引き抜いた。

手応えがあった。

思ったより大きくがっしりしていた。

根もしっかりとしていて、土をたくさん掴んでいた。

気を良くして次々を引き抜いた。

すべて上々だった。

艶肌もいい。

ニンニクがこんなにうまく育ったのは初めてである。

合計37個。

一本も当たりはずれがない。

根だけ切り取り、5日ほど天日干しをすることにした。

IMG_0266

何が良かったのだろう?
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「Home Stay」とやらで、家に蟄居し始めてからずいぶん経った。

その間、人と会って話をする機会も減ってしまった。

ましてや、カミさんと別々に暮らしているので尚更だ。

スーパーへ行って

店員「カードはありますか」
僕「はい」
店員「お支払いは」
僕「ぺいぺいで」
店員「袋は要りますか」
僕「はい」
店員「ありがとうございました」
僕「ありがとう」

これが数日に一度繰り返されるだけである。

家の中では、時々、みーちゃんに声をかけるが会話はない。

2020-05-07 08.01.37

声帯が退化するといけないと思い、今朝は新聞のコラムを声を出して読んだ。

驚いたことに読めない。

黙読ではスイスイ読めるのに、声を出すとスムーズに進まない。

唇がうまく動かないのだ。

ラ行絡み、サ行絡みが口ごもってしまう。

おまけに、推測読みが甚だしい。

あまり使わない単語が出ると、それに似たいつも使う単語がつい口に出てしまう。

唖然とした。

脳梗塞などの兆候で、良くしゃべれないというが、ほかに症状は無いのでそうではないようだ。

カミさんに電話してみても、普通の会話はスムーズなので何だか訳がわからない。

恐らく、口周りの筋肉の衰えだろう。

もしかしたら目の神経と口の神経の連携がうまくいってないのかもしれない。

いずれにしても、しばらくは毎日、新聞のコラムを音読して、様子を見ることにした。

新型コロナウィルスがこんなところにも影響しているのかな。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨年の今頃、高校の同期生Sさん夫妻は、スペインのアビラで小休止を取っているところだった。

4月13日にバレンシアを出発し、3度目のカミーノ巡礼に出立した夫妻だが、膝痛に悩まされながら、婦唱夫随の旅を続け、6月15日にはサンチャゴに到着し巡礼の旅を見事に成し遂げた。

その勇気と実行力には、いつ考えてもほとほと感心する。

その夫妻が、日々FBにて紀行記を綴り、消息を我々に伝えていた。

その中でよく出てくるのが、アーティチョークという、ヨーロッパではポピュラーな野菜だった。

日本でも栽培で来るようなので、さっそく種を購入しごんべえ菜園で栽培を始めた。

最初は芽出しに失敗し、二度目で何とか芽を出させ、小さいながらも成長を始めていた。

秋口にポットから畑に定植し、冬の初めまでは何とか持ちこたえていたが、うっかり油断して、2月に霜に当ててしまった。

地上部に伸びていた20cmの葉はすっかり枯れてしまった。

それでも、春になれば芽を出すかもしれないと淡い期待を持っていたが、残念ながら芽は出なかった。

そこで再度挑戦すべく、4月17日に残っていた種を蒔いた。

今度は一度で芽が出て今日現在5cmほどに伸びてきた。

IMG_0237(1)

この分だと夏の間に定植でき、冬を迎えるころにはかなり成長していると期待できる。

ある程度大きくなっていれば冬の寒さにも、霜にも持ちこたえると思われる。

アーティチョークは朝鮮アザミともいわれ、葉ではなく、花の「がく」と中心部を丸ごと茹でて食べるそうである。

フリットで食べる方法や生で食べる方法もあるという。

いずれにしても来年の今頃、見事に出来たアーティチョークの花をS夫妻に送り、味わってもらうことを楽しみにしている。

実は近所の畑でも栽培している方があり、今、見事に蕾が出来ている。

これを見て、決して栽培が無謀ではないことを知った。

IMG_0259
IMG_0258




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新型コロナウィルス感染症のため、女子ゴルフ界も大きな影響を受けている。

予定された大会はすべて中止になっている。

第二回目の優勝とオリンピック代表入りを目指して頑張っていた稲見萌寧ちゃんもがっくり来ていたようだ。

それでも、頑張り屋の萌寧ちゃんは、気持ちを切り替えて毎日練習に励んでいるようだ。

三島に住むおじいちゃんの家にもなかなか行く機会はないようだ。

それでも、「誕生日にはメッセージをくれましたよ」とおじいちゃんは相好を崩している。

そのおじいちゃんから、「今夜、萌寧がテレビに出ます」と連絡があった。

BSフジ23:30から23:55「WEEKLY GOLF NEWS」である。

 ーパーオン歴代一位(78.21%)のショットの極意に迫るー

どんな極意を見せてくれるか、ゴルフをやらない散人にとっても楽しみである。

スクリーンショット 2020-05-11 13.54.57






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久しぶりに見沼自然の家の活動(GWK)に参加した。

このところ、子供たちを集めての活動を自粛しているため、もっぱらスタッフだけでの作業が行われている。

それでも、畑作業の部には、子供連れの二家族が野菜つくりの手伝いに来ていた。


今日はSさんが手掛けている、竹穂垣の補修の手伝いをした。

IMG_0248

横に組んだ3段の胴縁の間に縦に竹穂(竹の枝)を差し込んでいく。

すでに出来ている垣の補修なので割と簡単な作業で済む。

緑の部分が新しく竹穂を補充したところである。


午後は黒竹の林の整備をした。

烏瓜が地面にびっしりと生えてきた。

これが黒竹に伸びて絡むと竹に負担がかかりまっすぐ伸びなくなる。

IMG_0239

筍が出始めているがこれも野放しには出来ない。

IMG_0240

適当な間隔で伸ばさないと竹が密集してしまう。

不要な筍はカットし大きな径の筍だけを残す。

以前は細い竹ばかり生えてきていたが、このところ太い竹も生えるようになってきた。

野放しだったのを少しずつ手入れをし始めたからだろう。

IMG_0241

これでさっぱりした。

しばらくは手入れは必要なさそうだ。











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

バタバタと畑の仕事にかまけていて、庭仕事が疎かになっていた。

今日は久しぶりに庭仕事をした。

まずは、万年青の整理。

18鉢あった万年青を6鉢残して後は処分することにした。

我が家の万年青は盆栽的な高級なものではなく、ありきたりの大葉の万年青である。

最初二鉢だったのが株分けしているうちに18鉢になってしまった。

置く場所もなくなり、世話も面倒になってきた。

12鉢をばらした。

IMG_0209

ビニール袋に収めた土と万年青は畑に持って行き地植えすることにした。

万年青は結構強いので地植えしても何とか生きていくと思う。

空になった鉢は金曜日の一般ごみに出す。

鉢は取っておいても使うような機会は無いと思う。

みーちゃんが名残惜しいのか万年青の匂いを嗅いでいた。


もう一つはフジの花を切った。

一週間前はモッコウバラとともに見事に咲いていた。

IMG_0183

それが今やパラパラと花びらが落ち始めている。

細かい花びらが風で散らばるので庭が結構汚れる。

花房も細くなってきた。

これをそのままにしておくと種が出来る。

そして樹勢も衰える。

IMG_0210

一本一本花びらがばらけない様に慎重に根元から切っていった。

集めてみると60房余りあった。

思ったよりたくさん咲いていた。

IMG_0211

一部はもう種鞘ができ始めていた。

この後のフジはシュートがどんどん伸び始める。

このシュートの処理も大変だが、この処理の仕方で来年の花の付きが変わるので慎重にやらなければならない。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

種から育てようと思っていた、トマト、ナス、ピーマンが全く大きくならない。

ハウスの中だから大丈夫だろうとタカをくくっていた。

しかし、4月に入ってから気温が上がらなかったことが影響しているようだ。

IMG_0176

このところの気温上昇で大きくなるとは思うが時期を失してしまう。

とりあえず、苗を買ってきて植えることにした。

畝は準備していたので苗を買ってすぐに植えることができた。

ナスが3種6本、トマトが3種5本、あと、ピーマン、ししとう、あまとうがらしがそれぞれ2本。

IMG_0173

まだ植える余裕があるのでトマトを追加しよう。

イチゴが赤くなり始めた。

しかし、最初のイチゴを食い荒らされた。

IMG_0175

ネットを張っているので鳥は食えないと思うが、食い方を見ると鳥である。

ネットの緩んだところからカラスが嘴でも突っ込んだんだろうか。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今朝、マスクが届いた。

「アベノマスク」ならぬ「エドバンマスク」である。

IMG_0161

高校と大学の同期生が久留米で縫製工場を営んでいる。

株式会社エドバンという。

普段はブランド物の婦人服を作っている。

このご時世で、布マスクを作り始めたようだ。

生地は綿だと思うが目の詰まった上品な生地である。

縫製もしっかりしている。

アベノマスクが来たら比較してみよう。

早速お礼のメッセージをラインで送ったが既読にならない。

何やってんだ?




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ