「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも竹とんぼ。

マンゴーの木

マンゴースーパーで買ってきて食べたマンゴーの種を植えていたら芽が出てきて大きくなり始めた。

鉢栽培で実が出来るほど大きくなるかどうか分からないが育ててみることにした。

アオイrガの幼虫

アオイラガの幼虫数日前からバラの葉に珍しい虫が棲みついて食い荒らしている。

これは向かいの家の柿の木にも棲みついて葉を食い荒らしているようである。

美しいというか、グロテスクというか、なんとも表現のしようの無い虫である。

調べてみたら、これはアオイラガという蛾の幼虫であった。

この幼虫はやがて繭を作り一冬越して来春に蛾になるそうである。

東京広瀬の会

1年半ぶりに東京広瀬の会を日本橋本町の「乃の木」で開催した。

広瀬の会は本来は仙台に支店を置く医薬品中堅メーカーの支店長の親睦団体である。

東京広瀬の会はそれの同窓会のようなもので、かって仙台で広瀬の会に参加していて現在は東京近郊に勤務あるいは在住しているメンバーの集まりである。

一部関西に勤務している人もメンバーになっているが現在18名が会員である。

いまだ現役で働いている人が多く今回の集まりは岩佐さん、小熊さん、齋藤さん、宍戸さんと小生の5名であった。

以前は年に1〜2回程度集まっていたが、このところ幹事である私がサボっていて1年半ぶりの開催となった。

医薬品業界はメーカー動向や卸店動向あるいは得意先(医療機関や薬局、薬店)の情報を交換するために各地でメーカー営業責任者の集まりがある。

しかし、転勤となってその地区を離れるとその会とは無縁になる。

にも拘らず、このように同窓会的な集まりを持っている会は珍しい。

仙台時代からこの会は和気藹々とした雰囲気があったが、今も集まるとその雰囲気は消えていない。

しばし昔の話に花を咲かせ、今の仕事の苦労を語り合い、美味しい酒を飲む。

やがて、多くのメンバーが定年を迎えるが、その後もこの集まりが続けば、人生にイロドリを与えることだろう。

次回は宍戸さんの奥さんが銀座で絵画の個展をされる時期に合わせて10月に開催することになった。


日々草

日々草ホームセンターで買ってきた日々草。

金木犀の下で5本がひっそりと存在感を示している。

ミニばら

ミニばらお隣に頂いたミニばらが咲いた。

少し葉が食われていたので探したら小さな尺取虫がいた。

それを退治したら葉を食われなくなった。

外でくつろぐ「みっちゃん」

みっちゃん1最近、ほとんど目が見えなくなったみっちゃんは、無性に外へ出たがっている。

恐る恐る外へ出てはコンクリートに身体をすりすりして暫くくつろいでいる。

今月の15日で満18歳になる。人間にしたらいくつなんだろう。

みっちゃん2







みっちゃん3







みっちゃん4

テレビ観戦

朝から強い雨が降っていた。台風7号の影響のようである。
関西地方はいい天気らしく高校野球は予定通り行われていた。
今日は昼間は高校野球、夜はサッカー観戦だった。
地元の浦和学院が第2試合で金沢高校と対戦したが負けてしまった。
県大会でも苦戦して勝ちあがったように爆発的な強さが無く今年は初戦で負けてしまった。

オシムジャパンは初戦をモノにした。
対戦相手はトリニダード・トバコであったが終始日本のペースで試合は進み2−0で勝った。
相手も迫力が無く日本の強さを見せ付けた試合ではなかった。

白熱する高校野球

朝起きた頃から急に雷雨を伴う雨が降り出した。
雨は一時的なもので9時過ぎには治まった。
植物にとっては恵みの雨となった。

今日は昼間2時間ほどかみさんの買い物に付き合わされたがあとの時間は高校野球のテレビ観戦をしていた。
今日の試合は4試合とも乱打戦で2試合は延長までもつれ込んだ面白い試合だった。
今回は総じて一方的に大量得点を取って勝つか両チームとも大量得点を取る乱打戦が多いような気がする。
息詰まるような投手戦は今のところ一試合も無い。
決して投手力が弱いわけではないようであるが何かのきっかけで大量失点に結びついている。
今年はなんとなく荒れた試合が今後も続くような気がする。
第3者で見てる分にはそのほうが面白いが当事者は大変だろう。

青年の会

青年の会の8月例会をいつもの場所で行った。
画廊に寄った後駆けつけたがすでに5人来ていた。
今日は大阪から和田さんも来ていた。
和田さんは最近ジムに週3回行ってるようだがあまり効果が現れていないようで体型は前のままである。
プロ野球の前半戦の順位当ては、松岡さんがパリーグで当てただけで、セリーグは当てた人はいなかった。
今日は新たに高校野球の順位を当てる投票をしてもらった。
丸山さんが仕事の都合で来れなかった。

バイクのキーがない

朝、息子が出勤する時、バイクのキーが無いと言って騒ぎ出した。
たしか、きのう乗ったのでその後どこに仕舞ったのか跡を辿ってみたが見つからない。
バイクに差したままではないかとかみさんと本人が見に行くが見当たらない。
あちこちと散々探したが見つからないので車で送ろうと思いバイクの前を通ったら座席ボックスを開閉する鍵穴にキーが差し込んであった。
二人ともスターターキーの場所にだけ目が行き見落としていたようである。
慌てると見えるものも見えなくなるものだ。
プロフィール
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ