銀座OS画廊の2台のパソコンに画像付きのスカイプが導入された。
パートナーの倉橋さん、宮村さんが、遠方にいるお孫さんの顔を見るために自宅に導入したので、画廊にも導入したものである。
数日前、散人の家にスカイプ電話が掛かってきた。
散人も3年前次男がロスにいる時に画像なしを導入し、電話代わりに使っていたが、次男が帰国し同居してからは使わずにいた。
当時は音質があまり良くなかったが、最近は随分良くなっている。
画像も鮮明に見える。(散人のは画像を送ることは出来ないが見ることは出来る)

3年前はオンラインで繋いでる人は世界中で200万人前後であったが、今では500万〜800万人の人がオンラインにしている。
時々、中国人からメッセージが入っていることがあるが無視している。

スカイプはセットさえ3000円前後で買えば、簡単にパソコンに導入でき、会員同志は世界中無料で通話できるので便利である。
スカイプに入っていない人の固定電話への通話もプリペイドカードをインターネット上で購入しておけば通話することが出来、国内やアメリカなどへは1分間3円で通話できる。

通話手段もいろいろな方法が出てきて割安になってきた。