昨日に引き続いて、おもちゃ図書館ワールド・プレイ・デイ用のおもちゃを作った。

今日は、「よちよち木登り」。

ストローや厚紙を使って作る方法は川口市立科学館でも見たが、折角なので竹を使って作った。

竹を使うのは吊るす部分と本体の上がる部分。

あとはタコ糸。

直径5cm位の竹を幅2cmに輪切し、輪に4つの穴をあける。

吊るす部分から垂らした糸を本体の穴に通す。

両方の糸を引っ張りながら、交互に左右に引っ張ると少しづつ本体が上がっていく。

糸を緩めると本体は下る。

糸の太さと穴の大きさ、穴のを開ける間隔と方向がポイントである。

これだけだと地味なのでテントウムシやカブトムシの絵を輪っかの部分に貼ると面白い。

10個作った。

51