毎月第一土曜日はスーパー竹とんぼ仲間の東久留米例会。
会場の西東京いこいの森公園は河津さくらが満開だった。
 
ファイル 2016-03-05 22 47 02

今日はワークショップが行われた。
散人は少し遅れて行ったので限定の材料が貰えず見るだけだった。
ワークショップで作ったのは電池とネオジム磁石と銅線を使った理科実験のようなおもちゃだった。
銅線トンネルを走る電池、くるくる銅線。
どちらもフレミングの左手の法則の電流と磁力と力の関係による動作のようであるが詳しくは分からない。


 

部屋のあちこちから回った回ったとか、進め進め、などと爺さんたちの声が響いていた。

ワークショップは1時間ほどで終了し、あとは銘々の工作を楽しんだ。

ファイル 2016-03-05 22 44 14

散人はミニスーパー竹とんぼを2機作った。

ファイル 2016-03-05 22 44 39

出来上がったのを見て、前に座っていたIさんがとんぼの絵付けをしてくれた。

例会が終了すると広場で竹とんぼの飛ばし練習。
新しい型の竹とんぼを作ってきたMさん、意気揚々とテストフライトを行ったが結果は思わしくなくショックを受けていた。
昼間は暖かかったようだが夕方は北風が吹き始め少しひんやりとしてきた。
飛ばしの練習は早々に切り上げて反省会の会場に向かった。
反省会といっても反省することはない。
ただ、飲んで、食って、くっちゃべるだけである 。

ファイル 2016-03-05 22 48 15

一ノ蔵が旨かった。