月曜日は、見沼自然の家での「もの作り」と戸塚南小学校の放課後児童教室「どれみふぁ広場」と重なることがある。

「もの作り」は午前、午後やるが、「どれみふぁ広場」は2時過ぎからなので午前は「もの作り」、午後は「どれみふぁ広場」」に行く。

今日はその重なる日だった。

「もの作り」で羽根材のバランス取りを50機分ほどやったらお昼になった。

帰りに30分ほど畑に寄って水やりをした。

少し暖かくなったので、昨年11月中旬に植えたブロッコリーに花蕾ができ始め、キャベツは巻き始めた。

春を感じさせる一コマである。

IMG_4022
IMG_4023

帰宅して昼食を取ったあと、戸塚南小学校に出掛けた。

今日は児童が50名余り、ボランティアが30名足らず参加した。

児童の参加がいつもより少ない。

まだ、インフルエンザの影響が残っているのだろうか。


最初にみんなで縄跳びをする。

1年生もずいぶんしっかりと縄跳びが出来るようになった。

IMG_4037

 入学した頃は縄跳びの縄もよく回せなかったのがずいぶんの成長である。

今日はこの後は、バスケットボール、ピンボール、宿題などを行った。

来年の新一年生も体験に来ていて、上級生と一緒に楽しんでいた。

これも春を感じる一コマであろう。

「どれみふぁ広場」も来週の6日で今年度は最後になる。

 1年間早いものである。