見沼自然の家の周囲はすっかり夏の気配である。

用水路には、毎年連休前には押し寄せる鯉の大群が姿を現した。
芝川を遡上し、用水路まで入り込んで産卵するメスの鯉を、オスの鯉が追いかけている。
ナマ臭い香りで一杯である。

IMG_4422

原っぱの一部には葦が芽を吹き始めた。

IMG_4431

ここは昨年の葦を刈り取った後なので、新しい葦が生える様子が分かる。
しかし、刈り取っていない所もあり、そこは枯れたまま立っている葦の陰になり、新しい葦はうかがい知れない。
気の早い「ヨシキリ」は枯れた葦原にきてギョギョシ、ギョギョシとけたたましく鳴いている。

毎年、この光景を見ると、ああ、見沼にも夏が来たな と感じる。

さて、午前中は畑仕事。

先だって植えたサトイモの畝に黒マルチを張った。
風もなく煽られなかったので張り易かった。
張るに先立って、畝の表面に馬糞堆肥を薄く撒き、その上に稲わらを置いた。
サトイモが育つまでにこの堆肥と稲わらがどう変化するか見てみたい。

IMG_4432

左隣りの畝の、間引きをしたジャガイモは元気に育っている。
ここにも寄せ土の代わりに馬糞堆肥を被せておいた。
これは畝の表面近くで生るジャガイモの日焼け予防である。

今日の畑仕事はそれくらいで引上げ、午後は気功治療に中野坂上まで出かけた。
月に一回の気功治療で気は充実している。
最近は体幹を強くする施術もしてもらっているので身体のバランスも良く取れている。
これにジムなどに行って、筋トレをすれば更にいいのだがその暇がない。