この数年、5月の大型連休には、文化総合センター大和田の子ども科学センター「ハチラボ」で竹とんぼ教室をやらせてもらっている。
今年は5日の子どもの日にやらせてもらった。

IMG_4592

ハチラボは、子供たちの科学的思考やものづくりへの意欲を育てるために、学校の授業では体験できない科学・技術・数学のプログラムを、 大学等の研究機関と連携して行っている。
そんな中に竹とんぼ教室の機会を与えてもらっていることは大変光栄である。
これも、どこ竹彩の国のリーダーの一人に常々ここで講師をしているY先生がいるおかげである。

今日は大変天気も良く行楽日和であった。
多くの子どもたちは家族揃って行楽地に出向き、文化施設を訪れることは少ないだろうと思っていた。
しかし、予想に反して来館者は結構多かった。
行楽地に行きそびれた家族が、子どものために近場の施設を選んで来てくれたようである。

3つのテーブルにリーダーが一名ずつ付き、同時に3、4名を指導した。
午前、午後、安全な飛ばし方の指導も含めて3回ずつ指導し、55名の子どもに竹とんぼを楽しんでもらった。
また、午前、午後とも、的入れ大会を行って、子どもたちの興味を盛り上げることが出来た。

今日は外は暑かったようだが、室内は空調が効いていて、子どもたちと快適な時間を過ごすことが出来て、散人にとっても良い子どもの日だった。