稲見萌寧が遂に頭角を現し始めた。

萌寧2日目

7月から毎回ツアーに出場するようになった萌寧ちゃんは前週の資生堂アネッサレディースオープンでは9位タイ。

賞金ランキングも41位に上がった。

しかも、出場回数は他の選手の約半分での賞金獲得である。

8回出場の内、ベスト10に4回も入っている。

いかに堅実なプレーをしているか、また実力があるかが分かる。

そして今週のニッポンハムレディースクラシックでは2日目で4位タイ。

やっとメディアにも取り上げられるようになった。

IMG_9614

更に今日3日目を終えると、なんと1打差で3位タイまで上がってきた。

スクリーンショット 2019-07-13 22.19.36

明日は最終組から2組目のスタートで1打差を追って熾烈な争いを展開するものと思われる。

「毎回優勝するつもりで出場します」と常々言ってる通りメンタルは心配ない。

とはいえ、一緒に回るのは台湾のテレサ・ルーとタイのS.ランクン。

ペースを乱されないことを祈る。

今日3日目を終えての萌寧ちゃんのコメントは以下の通りである。

稲見 萌寧(3位タイ:-10)

「明日はうしろから、がっつり追い上げていきたいなと思います。優勝争いを積み重ねていけばいつか運もくると思う。どの組で回っても緊張とか、プレッシャーはかからないので楽しめると思います」



今月29日で二十歳になるが、何とか十代で優勝を勝ち取ってもらいたい。

「LINE」でのおじいちゃん応援隊も心からそれを願っている。

但し、リアルおじいちゃんは、「元気で出場してくれば良いよ」と言っている。