昨日、今日と畑日和だった。

昨日は風が強く、作業が捗らない面もあったが、今日は穏やかな天気で気持ち良かった。

この時期は、冬の時期の畑の片付けと春野菜の準備がある。

片付けの方は秋植えの春菊、冬大根、チンゲンサイの撤収、

準備はサラダ菜、サトイモ、ショウガの畝作りがある。

その他に今育っている作物の手入れも必要である。

2月21日に植えて芽が出ていたジャガイモは、ネットを被せておいたので霜焼けすることもなく順調に育ってきた。

でも、まだ遅霜の恐れがあるのでネットは脇に畳んで置いた。

IMG_0700

絹さやも順調のようだ。

花が咲き始めている。

これからツルが急に伸びるのでネットを張った。

IMG_0699

イチゴが急に花を持ち始めた。

まだ、虫が飛んでいないので受粉が叶わない。

筆で受粉させなければならないそうだ。

IMG_0702

春大根はすっかり大きくなったようだ。

ビニールトンネルを撤収した。

冬大根を撤収するのでちょうど良かった。

IMG_0701

春菊や冬大根を撤収したあとは、堆肥と貝殻石灰を施しておいた。

数日経ってから、耕運機をかける予定にしている。

ここには、サトイモ、ショウガ、を植える予定にしている。

IMG_0708

サラダ菜があと10日もすれば定植できるほどに苗が育っているので、その畝を作った。

サラダ菜は雨での土の跳ね返りで病気になるというので黒マルチを張った。

IMG_0707

今日はこの他に、ホウレンソウの第3弾の定植、ハウス周りの草取りをした。

帰りの途の桜も散る速度を早め、花筏を作っていた。

IMG_0706



新型コロナの心配もなく、のんびりと畑仕事が出来る田舎生活は何モノにも代えがたい。

来週から赤羽での老老介護が始まるがこの土地は離れがたい。

二重生活の道を選んだ。