夏場の畑で一番つらいのは草取りと水やりである。

ごんべえ菜園は田んぼの跡地といえども、夏の暑い盛りはカラカラになる。

水を嫌うトマトは別にして、ナス、キュウリ、里芋は水大好きである。

水を与える量によって成果が別れる。

暑い盛りに大きなジョーロで、近くの用水から水を汲んで畑に運ぶのは負担である。

ついつい、まあいいや、となってしまう。

しかし、今年は楽しそうである。

新兵器が見つかった。

隣の畑主が数日前それを使っていた。

なんだろうと思って聞いてきたら、水中ポンプと車用バッテリーだった。

スクリーンショット (5)
スクリーンショット (6)

わっりと安価で手軽に手に入るようである。

早速、Amazonでポチった。

ホースは一部長いものを持っていたので足りない分を買い足した。

長さは20mになった。

今日早速使ってみた。

IMG_0345

静かなモーター音でスムーズに水を吸い上げた。

ホースの先端に行ってみると、勢いは良くないが止まることなく出ている。

IMG_0346

これなら十分に用は足りる。

里芋、ナス、キュウリ、スイカの畝にホースを伸ばし、たっぷりと水をやった。

ジョーロを使うよりよっぽど楽である。

これだと毎日でも水やりをしたくなる。

作物も元気に育つことだろう。

IMG_0347