「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも竹とんぼ。

出来事

この夏一番の暑さ

今日はこの夏一番の暑さだったようである。

そんな中、三つの予定をこなさねばならなかった。

午前中は板橋の帝京大学附属病院。
担当医師は、この一月の症状を聞いて、一旦薬を止めてみましょう、と決断した。
吉と出るか、凶と出るか分からない。
医師は吉と出ると判断したようだ。

午後は児童センター「あすぱる」で竹とんぼ教室。
夏休み最初の日とあって、子どもたちでごった返していた。
特に学校のある日は来れない、遠くの小学校の子どもが沢山来ていた。
リーダーは散人一人だったので、大汗をかきながら20名の子どもに竹とんぼを教えた。

夜は蛍調査。
GWKの仲間4名と、蛍が出没する7つの湿地ポイントをめぐり、蛍が何匹光を放っているか調査した。
7月21日から8月10日まで基本的には毎日調査をすることになっている。
今日は32匹の蛍の光が観察できた。
8月2日に子どもたちを集めた夜の観察会を行うが、それまでにはもっと多くの蛍が舞うことを期待している。

その合間を縫って、夏野菜の収穫。
夏野菜をたくさん食べて元気を維持しなければならない。

IMG_5098



お、カブトムシ

自然の家の原っぱの黒竹の林がカラスウリやヤブカラシに荒らされ始めた。
また、小さい竹も生えてきて、風通しも悪くなっている。

IMG_5126

今日はこの竹林を整備した。
カラスウリやヤブカラシの蔓は厄介だ。
竹の上の方まで絡みついている。
根を切ると同時に、蔓も引っ張って絡みつきを解いてやる。
小さい竹は鎌で刈り取る。
やっと、風通しが良くなった。

IMG_5129

作業の途中で、笹の中から、大きなカブトムシが出てきた。
5cm位はある。
こんな大きなカブトムシを捕まえたのは初めてである。

IMG_5128
IMG_5127

この近くに落ち葉の堆肥箱を作っており、そこで育ったものが出てきたようだ。
早速、落葉堆肥を入れた虫かごに入れて自然の家に置いた。
見沼自然学校で訪れた子どもたちが喜ぶに違いない。

MAKE10

過日の高校の同期会で、同期の中で一番成績の良かったK君が、「最近、物忘れが出てきたので、脳を鍛えている」と言って、MAKE10 を紹介し、3478の課題を与えてくれた。

真似をすることが好きな散人は、早速MAKE10のルールを調べ、3478に挑戦した。
なかなか難しい。
おいそれとすぐに出来るようなものでもない。

2日間ほど温めておいて、ベッドに寝そべりながら、紙と鉛筆を持って、あれこれとひねくり回した。
1時間ほどひねくり回している内に、何とか解が見つかった。

解が見つかると嬉しいものである。
昔、苦労して方程式を解いた時のような感覚が蘇る。

なんか、はまりそうである




竹虫

浅草神社から頂いた3本の真竹。
節を抜いて乾燥させようと思ったが少し長すぎる。

IMG_0029

ほぼ半分の長さに切断した。

IMG_0030

案の定、節には竹虫の穴が空いていた。
この時期に伐採する竹は殆んど虫に食われているがこの竹は酷い。

IMG_0031

穴をほじったら中から竹虫が出てきた。
まだ小さい。

IMG_0033

結局5匹出てきた。
生まれたばかりと思われる虫もいる。

IMG_0035

この虫は一部の国では食されるらしい。

images

それはさておき、竹は全部節を抜いて、天日干しにした。

10月までにどれくらい乾くか分からないが、その段階で竹とんぼの羽根材にしたい。

少しは青い色が残っていた方がいいのかもしれない。

IMG_0036

知人の見舞い

竹とんぼの仲間で、メール句会の主宰のKさんが、7日に緊急入院された。

6日経ったので落ち着かれたと思い東京の病院にお見舞いに行った。

検査がすべて終わっていないようで治療方針はまだ決まっていなかった。

本人は至って元気で、退屈でしょうがないとぼやいておられた。

活動家だっただけに病院生活は退屈だろう。

一日も早い復帰を願う。

久し振りに7500歩

猛暑が続いているが、外に出ることが多い。

月曜日は午前中は自然の家で工作作業。

工作の日は、庇の下の陰で作業するので直接太陽を浴びることはないので少しは楽である。

幅の狭めの羽根材を30枚仕上げた。

午後は今学期最後となるどれみふぁ広場で子どもたちの見守りで戸塚南小学校。

埼玉県は熱中症警報が出ており、原則運動禁止の指導が出ていたので、どれみふぁ広場もスポーツは中止となり、身体を動かすのは最初の縄跳びだけ。

IMG_0025

後は、大正琴の演奏を聴いたり、けん玉などの遊びだけだったのでこちらも楽だった。
いつもは30人余り来るスタッフも20名余りに減っていた。

IMG_0027

歩いた歩数は1861歩。


今日は、午前中は車で台東区の浅草神社へ。

「夏詣」の際に参道に飾られていた竹に真竹の良いのがあったので数本貰う約束をしていた。

この時期に伐採した竹は工作用には向かないが、10月に浅草神社で竹とんぼ教室をやるので、その際、参道に飾られた竹を使用すると、少し箔がつくかなと思い貰い受けた。

午後は24日の竹とんぼ教室の打ち合わせでH小学校を訪れた。

校長、副校長、当日の担当の先生に面談し、会の紹介、当日の教室の進め方などを説明した。

サマースクールの中の一つの行事として竹とんぼ教室をやりたいということで、すでに子どもたちには希望を募り、40名の子どもが参加する予定である。

こちらへは歩きで行ったが大汗をかいた。

このところ車での移動が多く、毎日の歩数が3000歩以下が続いていたが、今日は7457歩歩いた。

足がくたびれた。

弱くなったものだ。


降った

待ちに待った雨が降った。
滅多にしない洗車をしたからに違いない。
夕べ、早い時間から降り始めたので畑もじっくり濡れているだろう。
あさ、雨の止んだ時間を見計らって畑に行った。

畑全体的には濡れていたが、肝心の里芋の畝を見るとそうでもない。
敷き藁も湿ってはいるがしっかり濡れている感じはしない。

IMG_4933

拍子抜けである。
でも、降らないよりはマシだろう。
今日はまだ降るようだから、これからを期待した。

ミニトマトに花が咲き、実を結び始めた。

IMG_4934

一つの花房で10個くらい花が咲き、実がなり始めていた。
一つの房にあまり多くの実をならせると一つ一つの実が小さくなる。
そこで今花が咲いているものをカットして半分にした。
果たしてどうなるか。

今年は畑を飛ぶ蝶が少ないと思っていたが、1週間ほど前から急に増えてきた。
そして、収穫中の茎ブロッコリーを中心に飛び回っている。
当然、ブロッコリーにはたくさんの青虫が動き回っていた。

IMG_4936

一つ一つ捕れるような数ではない。
仕方がないので放任することにした。
ブロッコリーもやがて撤収の時期である。

今日は水やりはしなかったが、トマト、ナスの枝の誘引や脇芽を摘む作業をした。
幸いにも、作業中は雨は来なかった。

帰りに自然の家の田んぼに寄ってみた。
昨日補修した自然の家の田んぼには水がしっかり入っていた。

IMG_4937

蕎麦打ち道

散人をスーパ竹とんぼの世界に導いた山田名人が、今度は蕎麦打ちの世界に導こうとしている。

IMG_4871

昨日は、山田名人に井原さんと一緒に蕎麦打ちを習った。

IMG_4872

2年前、山田名人から、蕎麦打ちの道具をプレゼントされていた。

976e2476

その内に正式に指導してもらおうと思っていたがなかなか機会がなかった。

昨日は美園コミセンの調理室の予約が取れ、そこでじっくりとイロハから習うことが出来た。


粉の準備→水回し→練り→纏め→丸出し→角出し→幅出し→のし→たたみ→切り→ゆで

と多くの工程を丁寧に教えてもらった。

各工程をカメラに収めたかったが、始めるとそんな余裕はなく、次から次と作業しなければならなかった。

何とか「切り」までこぎつけ、蕎麦が出来上がったところでやっとカメラに収めた。

IMG_4873
これは山田師匠が打った蕎麦


IMG_4875 (編集済み)
これが散人が打った蕎麦

角だし、幅だしなど気を使うところが多いが、一番手こずったのは「切り」である。

なかなか、同じ幅に切れない。

これはリズムである。

一旦リズムが途切れるとあとはガタガタになる。

先ずその前にリズムを取ることが難しい。

師匠は、慣れ だという。

一通り習ったのであとは自宅でも出来る。

蕎麦打ち道を極めてみたい。



春雨

終日雨。
畑にも行けず、家の中で ぐだぐだ。
屋根越しの公園の桜を覗いたり、庭の雨模様を鑑賞したり。

IMG_4328 (編集済み)

IMG_4330

猫と遊んだり。

IMG_4331
 
お昼はいつものパンとサラダに、今日は昨日の残りの たらの芽の天ぷら が出てきた。
温め直しだが、香りは落ちていなかった。

IMG_4329

昼からは、壊れた三角ホーの修理。
これで3度目。
よく壊れる三角ホーである。 

IMG_4332
 
IMG_4334



夕方、雨に因んで、雨の付く春の季語を調べてみた。(合本 俳句歳時記 新版ー角川)

*「春雨=はるさめ」(春雨=はるのあめ、春霖=しゅんりん)

春雨は古くから静かで艶なもの、しっとりとして情の細やかなものという感じで詠われてきたが、芽吹き立った雑木山、春寒い山峡などに音を立てて毎日降りつづく春霖などは、また別種の趣がある。

   春雨や蜂の巣つたふ屋根の漏り   松尾芭蕉

*「春時雨=はるしぐれ」(春の驟雨=はるのしゅうう)

春の時雨は明るい感じである。春の驟雨というと、やや雨あしのつよさを感じる。

   いつ濡れし松の根方ぞ春しぐれ   久保田万太郎

*「菜種梅雨=なたねつゆ」

菜の花の咲く頃は、とかく雨や風が多い。本来の意は春の東南の大風のこと。

   唄はねば夜なべさびしや菜種梅雨  森川暁水
      

・・・・・・・・

 春雨や駅舎の屋根のつがひ鳩   かち虫

病院のはしご

三月もいよいよ終わり。
一月は往(い)ぬる、二月は逃(に)げる、三月は去(さ)る、と言って 、正月から3月までは行事が多く あっという間に過ぎてしまう。

昨日は暖かく、春うららのいい天気だった。
しかし、今日は一転して寒く、おまけに雨まで降る。
そういえば今日は七十二候の「雷乃発声」(かみなりすなわちこえをはっす)と言って、雷が遠くでなって恵みの雨を呼ぶ気候だという。
雷の代わりに飛行機の音が遠くでするが雨は確かに降り出した。

こんな寒い今日は病院のはしごをした。

午前中は帝京大学病院。


余り待ち時間もなく、診察を終えた。

病院の2階からの眺めはとてもいい。
石神井川と思われる川のほとりは桜が五分咲だった。

 
午後は一旦帰宅し昼食を済ませた後、草加の草加きたやクリニックに午後の診療時間に合わせて行った。


ここは予約なしで空いていればいつでも診察してくれる。
丁度患者の谷間ですぐに診察を受けることが出来た。

帝京病院もきたやクリニックも40歳前の若い先生である。
きたやクリニックの先生とは10年来の付き合いで何でも相談できる間柄になっている。
今日も専門外の話で弾んだ。 
昔の職業柄、医者と話をするのは慣れているので何の抵抗もない。
むしろ会話を楽しむ感じである。

次は両方とも4月28日に行く予定である。

花冷えや手で温めし聴診器   かち虫
プロフィール
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ