「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも平成竹とんぼ。

カテゴリ: 出来事

2,3日前から、鈴虫が求愛活動を始めた。

鈴虫は雄の虫が、意中の雌を前にして、左右の羽を擦り合わせて音を出し求愛活動をする。

現在、3匹の雄が求愛活動をして鳴いている。

鳴き始めは音がかすれて迫力はない。

しかし、3日位経つと音がはっきりし始めて、心地よい涼し気な音となる。




まだ、1匹の雌に向かって複数の雄が求愛活動をする様子は見られない。

これが始まると、いくら涼しい音色でも、うるさく感じるだろう。

今年は雄の数が多いようなのでかなり激しい求愛活動になりそうである。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この三日間、違う場所でゲリラ雨に会っている。

土曜日は昼ごろ見沼の畑で、日曜日は4時ごろ西東京のひばりヶ丘で、今日は2時ごろ北区の赤羽で。

ゲリラ雨を追っかけているのか、追っかけられているのか・・・

そう言えば先週水曜日は5時ごろ銀座でも出会った。

どうも追っかけているようである。


さて、今日はお盆の入り。

かみさんの実家の墓参りに桶川のお寺に行った。

最近、義母はへたって墓参りをする元気が無いのでカミさんと二人で行った。

川口から東北道と圏央道経由で行こうと思ったが、東北道は9時過ぎにはすでに大渋滞。

一般道を利用したがこちらも混雑していて2時間かかった。

行くだけで疲れる。

カミさんがお寺さんに挨拶する間、お墓を掃除し、お花をあげる。

ここには義父と義弟が眠っている。


IMG_7668 (編集済み)

この墓もいずれ墓じまいをしなければならない。

散人の仏壇や墓に参る流儀は、念仏を十辺唱えた後、親族全員の名前を言って、全員を見守っていただくことにお礼を述べるだけである。

願い事は一切しないことにしている。

今日も懇ろに感謝の念を述べた。

その後、本堂にお参りし、近くのお菓子屋でおはぎや団子を買って実家に向かった。

IMG_7671

帰りは圏央道、東北道、首都高速を使い王子北で降りて赤羽の実家に着いた。

50分で着いた。速い。

ここでゲリラ雨に会った。

家の前まで来たが激しい雷雨で車から降りられず、しばらく車の中で待機し、少し小降りになったところで家に飛び込んだ。

雷は相変わらずで、近くの焼却場の煙突に落ちたような雷鳴が一発鳴り響いた。

テレビを見ると近郊のあちこちで落雷のため停電してるという。

夕方雨がやんだ頃実家を後にし、川口の家に帰ったが家の付近は全く降らなかったようだ。

明日はどうなるのだろうか。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年も我が家に鈴虫がやってきている。

孵化したての針の穴ほどの幼虫を60匹ほど頂いた。

多すぎるので2つのケースに分けて飼育している。

一ト月あまりで脱皮を続け大きくなった。

IMG_7648

きゅうりの他に、市販の鈴虫の餌、水を上げている。

休息場に竹筒、竹炭、水苔を入れてやった。

水苔のそばにはいつも数匹の鈴虫が屯している。

IMG_7649

鈴虫は6,7回脱皮する。

脱皮すれば抜け殻があるはずだが見かけない。

脱皮したすぐ後に殻を食べてしまうらしい。


7回目の脱皮は羽化といい成虫になる。

こうなるとオスメスはっきりしてくる。

IMG_7651

羽根が見えるのはオスで左上の羽が見えなにのはメスである。

メスは産卵管が伸びているのがはっきり見える。

オスの割合は少ない。

2割に満たない。

鈴虫はオスしか鳴かないので貴重である。

まだ鳴かないがあと一週間もすれば鳴き出すだろう。

楽しみである。














    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

終活の課題の一つにお墓がある。

先祖の墓をすでに身近な所に持っている人は問題ないが、そうでない人は厄介である。

散人一家の墓は一応生まれ故郷(大牟田)の菩提寺の納骨堂に霊廟式のお墓がある。

永代にわたり供養してくれるお墓である。

散人も死んだ後はここに入ることは出来る。

しかし、あまりにも遠方である。

子や孫に供養をしてくれと言っても簡単ではない。

迷惑をかけるだけである。

現に、散人の父や祖父母がその墓に入っているが、滅多に墓参りする機会はない。

墓のそばに兄弟縁者がいれば別だが誰もいない。

一昨年、高校の同期会があった時に10年ぶりに墓参りをしたほどである。

父も祖父母も悲しんでいるに違いない。


そんな事情で、今後のことを考えれば、こちらにも墓を設ける必要に迫られていた。

それがやっと解決した。

池袋に「お仏壇のはせがわ」が自動搬送式の「屋内墓苑」を販売するという。

「お仏壇のはせがわ」に勤務する高校の後輩からの情報であった。

早速、7月末に内覧会に行き、気に入ったので家族とも相談し購入することにした。

そして、昨日、契約を交わした。

池袋駅から5分の場所である。

ここに父や祖父母のお骨を分骨すれば、いつでもご供養に行ける。

また散人が入ってもカミさんや子どもたちは気軽に供養できるだろう。

やっとこれで肩の荷が一つ降りたが次は菩提寺からの分骨の手続きである。

菩提寺のご住職からは一応の了承をとっているがこれを具体的に進めなければならない。

出来るだけ早くと思っているが遠方なので簡単には行かない。

なんやかやと終活は大変だ。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この三日間、この地域には

「熱中症の危険あり、外出はなるべく避け、涼しい室内に移動してください。運動は原則中止、乳幼児や高齢者の方は水分を補給しましょう。」

という警告が連日流されていた。

警告に従い、三日間とも外出は必要最小限に留め、室内でモサモサしていた。

土曜日、月曜日は自然の家での活動だったが、涼しい木の下での活動だけにし、しかも午前中で退散した。

畑の水やりは、自然の家に行く前の涼しい時に簡単に済ませた。

日曜日の午前中だけ、畑に行き、水やりのほか、ブロッコリーの日除けとピーマン、甘唐辛子の枯れ草マルチを施した。

ブロッコリーは苗がまだ小さいので、この暑さでしなだれていた。

ピーマンの畝はマルチをしていないので土がカラカラになっている。

ちょっと可愛そうであった。

とは言ってもこの暑い中、長居は無用である。

短時間に済ませてとっとと帰った。

IMG_7462

IMG_7463

三日間とも午後は冷房を効かせた部屋でちまちまと工作三昧。

土曜日は「ひねりっこ」作り。

IMG_7455

日曜日は羽根材作り。

IMG_7467

月曜日はくびれとんぼの模様入れ。

IMG_7471

いずれも体力を使う仕事ではない。

夜もエアコンを28度設定でつけっぱなし。

おかげで朝までぐっすり。

とにかく、こんな時は体力温存が先決である。


かくして、この3日間の酷暑は何とか乗り切ったが、まだまだ続くという。

このあとも、義理をかき、恥をかいても、御身大切だ。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

浅草神社での2つのイベントを終え、今日はホット一息。

朝からクーちゃんの水換えを行った。

ろ過器を入れていても、水は結構汚れる。

汚れの大きな原因は残した餌の腐敗だろう。

まだ餌の適量が掴めず、多めに与えているので、残った餌が水槽の底に貯まり腐敗するようだ。

水換えをしてクーちゃんもさっぱりして動き回っている。


このあと、散髪に行く。

一月ぶりに短く切ってした。

風はまだ強いが、雨は降ったり止んだり。

散髪から帰る時は止んでいたので畑に様子見に行った。

風でネットが飛ばされているのではないかと心配して行ったが、一部ネットがはがれていたものの、支柱が倒れるなどの大きな被害はなく安心した。

IMG_7416

補修をして、ナスときゅうりを収穫した。



午後は昨日の道具や残った材料の整理をした後、部屋の掃除をした。

ぐちゃぐちゃになっていた作業台の上もキレイに片付けてさっぱりした。

IMG_7417


明日まではゆっくり出来るが、土、日、月とイベントが入っている。

明日は雨が降らなければ畑の仕事になるだろう。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年は地域の町会の班長を仰せつかっている。

ここに引っ越して2度めの役回りである。

班長の役目は町会費の徴収、毎月の回覧板の取りまとめ、お祭りの際の役受け、夜回りなどである。

今夜はその夜回りの日だった。

偶数月の12日に一部の班長が集まって夜回りを行う。

防犯のチョッキと帽子を着用し、一人が拍子木を叩き、後のメンバーはチラチラライトを持ってぞろぞろと並んで歩く。

IMG_7298

今夜は役員が3名、班長が8名の11名が集まった。

そのうちご婦人が5名。

中には幼児を抱っこして参加している若いママさんもいた。

いずれも顔見知りの人は一人もいない。

町会会館を出発しバス通りや住宅街を約40分ぞろぞろと歩いた。

ご婦人方はすぐにおしゃべりが始まり楽しそうに歩くが、男集はほぼ無言のまま歩くだけである。

これまで通ったこともない路地を沢山歩いた。

ゆっくりと言えども40分歩くと汗が滲む。

お駄賃に頂いた、冷えたペットボトルのお茶が美味しかった。











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

我が家に亀がやってきた。

IMG_7236

この歳になって、生き物を飼うのは憚れたが、ある、やんごとなき方からのご依頼なので仕方がない。

その名は「くーちゃん」。

名前までご指定だった。

まだ子亀で体重は17.5g、甲羅の大きさは、長さ45mm,幅35mm。

オスかメスかはまだ分からないが、どうもメスのような気がする。

種類はクサガメ(ゼニガメ)。

とある、建築家ご一家の所で生まれたものらしい。

取り敢えずは水盤に入れて飼っているが、近い内に衣装ケースで飼うことにする。

IMG_7247

まだ緊張しているせいか、近寄ると首を引っ込める。

餌への食いつきもイマイチで特に気温が低い時はあまり食べない。

慣れると、手に載せた餌も食べるようになると聞いたが果たしていつになるやら。

折角飼ったので、責任を持って世話をしよう。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久々に浅草に行く。

IMG_7219

相変わらず人は多い。

修学旅行生と外人である。

今日用事があるのは浅草寺ではなく浅草神社(三社様)。

IMG_7221

こちらは閑散としている。


今年も、三社様の「夏詣」で竹とんぼ作りの屋台を出すことになった。

今日はその運営委員会。

神社関係者も含めて20名が集まった。

6月30日の前夜祭(夏越の大祓)から7月7日(七夕祭)までの8日間開催されることになった。

今年は全国70の神社仏閣が賛同し夏詣に参画するようである。

年々増えている。

この「夏詣」が日本の新しい習慣として根付けば面白い。

夏詣

夏詣2

我々の出番は7月4日。

「和事体験」のコーナーである。

今年もけん玉名人坂井天翠君とコラボすることにした。

楽しみである。




















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日は、学校を卒業して最初に入った会社のOB会があった。

その会社は入社5年目に他の会社と合併し、会社としては無くなったが、合併前の社員のOB会は面々と続いている。

合併後はもちろん新入社員はいないので若いOBはいない。

散人が一番若い方である。

今年は44名のOBが集まった。

IMG_7099

75名に案内を出したそうなので半数以上の出席である。

会社がなくなって46年経つ。

にもかかわらず、OB会が今だに毎年続いていること、しかも40名余りのOBが参加していることに驚きを感じえない。

ギスギスした感じのない会社の雰囲気だったがOB会でもそれは引き継がれている。

先輩ぶらない先輩、へつらうことのない後輩。

そういう人間関係が長続きしている要因だろう。

同期は二人だけだった。

IMG_7100

2次会は神田駅近くのバル。

IMG_7117

先輩マドンナもそろそろ喜寿だが若々しい。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ