「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも竹とんぼ。

みっちゃん

心の穴

19日にみっちゃんが亡くなって10日になろうとしている。
みっちゃんは亡くなった日に、板橋のペット霊園東京家畜博愛院に埋葬した。
ここには13年前に亡くなった「ごんた」君も埋葬されている。
持って行くと後ろ髪を引かれる思いがするので取りに来てもらった。

ペットといえども21年も一緒にいると、すっかり情が移っていて、何か心に大きな穴が開いたような気がしている。
特にカミさんはそうである。
 
われわれの気持ちを慮ってか、連休には富山の長男や江東区の次男が駆けつけてくれた。
彼らが中学の時に生まれた猫で可愛がっていたので、彼らとしてもいたたまれない気持らしい。

4人でみっちゃんやこれまで飼っていて亡くなった猫を偲んだ。

子供たちが帰ってしまい二人だけになると、またみっちゃんのことが思い出される。
カミさんは気を紛らわすためにか、友人、知人に電話をしまくっている。
でも、夜になると淋しさが出てくるようだ。
昨夜は風邪気味だといって早々に寝てしまった。

私はカミさんほどではないが、しばらくはブログも更新する気になれなかった。
今でも風呂に入った時など思い出す。

徐々に忘れて行くのであろうが当分は淋しい思いが続く。

みっちゃん

みっちゃん


21年3ヶ月、我々と、共に歩んでくれた「みっちゃん」が今朝5時前に永遠の眠りについた。
長い間ごくろうさま。そして、ありがとう。

我が家の眠猫

眠猫A

木彫りの眠猫(カミさんの福岡の友達に頂いたもの)

眠猫B

これも木彫り。どうも外国の猫のようである。

眠猫(みっちゃん)

これは生きた猫。みっちゃん。
昼間はソファーの上の専用のホカホカカーペットで寝ている。
夜は、カミさんの布団の中。
夜中に5〜6回トイレに起き、そのついでにあちこち徘徊して大きな声でギャオーギャオーと鳴いてる様である。
人間で言えば痴呆症。目も見えなくなり、耳も聞こえなくなったので大きな声で鳴いているらしい。
カミさんは寝た心地がしないようだ。

みっちゃんの日向ぼっこ

みっちゃんの日向ぼっこ

今日も昨日に引き続き穏やかな日だった。
午前中はバラに遅めの寒肥を施し、庭に水を打って過ごした。
午後みっちゃんを日向ぼっこさせてみた。
気持ちが良いのか1時間ほどじっとしていた。
見えない目で庭の万年青を眺めていたが何を考えているのだろう。

夕べは夜鳴きも徘徊もなく静かにしていたようだ。
続けばいいのだが・・・

ボケた

飼い猫、みっちゃんのボケがこのところ酷くなってきた。
夜中に何回も起きだして、にゃおにゃおと大きな声で鳴きながら部屋の間をうろうろしている。
そして、昼間はほとんど寝ている。
水を飲む時も片足を水飲み容器に突っ込んで飲んでいる。
挙句の果てには容器を引きずってひっくり返す。

平成元年生まれなので18歳である。人間だととっくに100歳を越えた年齢だろう。
目はほとんど見えないようである。
食欲はあり2日にいっぺんだがしっかりと食べている。
排泄物もきちんと出来ている。
犬と違って猫はボケないと聞いていたが猫もボケるようである。

サイトを調べてみたが、医者に連れて行っても打つ手はないようである。
しばらく見守ることにした。

外でくつろぐ「みっちゃん」

みっちゃん1最近、ほとんど目が見えなくなったみっちゃんは、無性に外へ出たがっている。

恐る恐る外へ出てはコンクリートに身体をすりすりして暫くくつろいでいる。

今月の15日で満18歳になる。人間にしたらいくつなんだろう。

みっちゃん2







みっちゃん3







みっちゃん4
プロフィール
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ