「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも竹とんぼ。

菜園

畑の契約更新

畑の契約更新の時期になった。
新しく借りた畑も、以前から借りていた畑も2月が更新時期である。

以前の畑はJAが仲介しており15日までに出向いて更新すれば良い。
しかし、返却する予定なので断りの電話を入れるだけで済む。

新しい畑は、今日9時に自宅まで来て更新して欲しいとの連絡が来ていた。

借りてから初めての更新だったので、難なく更新してくれるかどうか不安だったが、何のコメントも無く事務的に更新してくれた。

以前からの畑の断りは、新しい畑の更新が無事終わってから行おうと思っていたので明日にでも連絡を入れる積りである。

これでいよいよ畑も一本化される。

契約更新のあと、プラザイーストでの竹とんぼ教室に行った。

今日はお父さんと一緒の子どもが多かった。

2015-02-01-13-37-34
 
竹とんぼ教室が終わって、久しぶりに以前の畑に行ってみた。

隣の畑のATさんが枯れ草などを焼き、すっかり綺麗にしてくれていた。

私が返した後、半分をATさんが借りることになっているので気を使ってくれている。

ATさんと小一時間話をしたあと、川口自然公園公園で枯葉を集めた。
土のう袋にぎゅうぎゅう詰めに8袋分の枯れ葉を集めた。
少し湿っているので、集める時に飛ばなくていいし、堆肥箱に入れたあとも腐食が早まるだろう。

新しい畑に持って行き、取り敢えず並べておいた。

2015-02-01-17-03-55
 

八つ頭収穫

以前の畑に植えていた八つ頭が気になっていた。

今日やっと掘り上げた。

今年は連作障害が起き収穫は少なかった。

2014-11-24-15-15-26

八つ頭を最後に以前の畑の作付は無くなった。

今年いっぱいで返還しようと思うがこれからそのための整理をしなければならない。

2区画(20坪)の内1区画は隣でやっているA塚さんが借りてくれるようだ。
 

紫蘇ジュース

今朝は7時に第一菜園へ。
どっちを向いても雑草だらけで取りつく島もない。
今回はスベリヒユの伸び方が激しい。
山形ではこれを食用にしているそうだ。
食べてみたけどおいしいものではない。
結局、二畝を占領していた。


植えてはいないのだが、こぼれ種の紫蘇が今年も沢山茂った。
半分ほど抜いて、紫蘇ジュースを作ることにした。

葉っぱを茎から取り、大きなバケツに入れてよく水洗いをする。
無農薬だし虫も付いていないので綺麗なものである。
ここまでが僕の役目であとはカミさんがやる。
煮たり、漉したり、砂糖を加えたり、酢を加えたりしているようだ。

出来上がると見事な赤い色をしている。
4、5倍に薄めたらピンク色になった。
スイカの切れ端を入れてみた。

夏バテによいそうである。

雑草取り

朝から久々のカンカン照り。

暑いけど、このじきに雑草取りをしておかないと、また手が付けられなくなる。

10時に第一菜園。

案の定、雨でずいぶん伸びている。

これで太陽を浴びれば、また一気に伸びる。

2014-07-08-10-00-14

今日やれるところまでやっておこう。

まずは、蚊取り線香。

この時期これなしで畑作業は出来ない。

2014-07-08-10-02-15

今日は手で取るのは極力避けて三角ホーで 掻き取ることにした。

その方が腰に負担が少ない。

地道な作業をすること2時間。

お昼になった。

9割方済ませたのでこれで終わることにし、キュウリ、トマト、オクラ、ナスを収穫して帰宅した。

2014-07-08-12-05-34

 

巨大な大根

朝、雨が降っていない時間を見計らって、第一菜園に行った。

案の定、きゅうりは10本ほどいい大きさになっていた。

他にも、インゲン、ミニトマト、ナス、春菊、大根を収穫してきた。

春菊、大根はもうお終いである。

今年の夏大根は巨大化したものが多かった。

種類は青首大根であるが、春に蒔いたものと同じである。

春は巨大化はしなかっtが、夏はびっくりするほど巨大化した。

気候のせいだろうか?

味は普通の大根とそう変わらないが、食べても食べてもなくならない。

近所に差し上げて食べてもらったが、余りにも大きすぎて近所も困ったことだろう。

やはり普通の大きさの大根がいい。

2014-06-28-17-00-42
 

種を蒔く

第一菜園は雑草も取り終わり種を蒔く準備は出来た。

手持ちの種の袋を見て、6月に蒔いても間に合う野菜を探した。

キューリ、大根、インゲン、オクラ、絹さや、春菊、人参、小松菜、など結構ある。

昨日と今日の朝でキューリ、大根、インゲン、オクラ、絹さや、小松菜の種を蒔いた。

いずれも少量ずつ。 

 雑草を取ったあと、少し畝を耕しただけなので、うまく育つかどうかは疑問である。
 
発芽するまでは水を欠かさないようにしなければならない。

さつまいもを植えたかったが、苗がホームセンターにはもう売ってなかった。

第二菜園の方は種を蒔くのはまだまだ先のようである。

造園業さんから分けてもらった樹皮堆肥をかなり入れたが、枝や木の皮など荒っぽいものが混じっており、これの始末をしなければならない。

畝もまだ整備できていない。

こちらへは夕方5時ころから1時間半くらい手入れをしているが遅々として進まない。

畑の脇の道に、トノサマカエル?がのっそりと姿を現した。

捗らないのを笑っているようだ。

2014-06-18-17-55-11
 

雑草刈り終了

第一菜園の雑草を早く片付けないと後が何もできない。

今日午前中、残りの雑草を片付け一段落着いた。

2014-06-17-11-07-40

刈り取った雑草の片付けがまだであるが、ここまでやっておけば後はいつでもできる。

いつもの雑草刈りは、出てくるいろいろな虫を楽しみながらやるが今回はそんな余裕はなかった。

とにかく次から次へと刈り取っていった。

刈り取った後、クビキリギスらしい虫が「おいらはどこへ行けばいいのだ」とばかりに姿を現した。

IMG_4115

ごめんなさい。

 

じゃがいも収穫

2畝あるじゃがいもの葉が黄ばみ、茎も倒れ始めている。
もう、いつ収穫してもいいのだが、これまで雨続きだったので収穫出来なかった。
2014-06-14-18-06-31

これからしばらくは晴れの日が続くので、じゃがいも収穫の好機である。
午前中にと思ったが、サッカーがあったので午後にした。
暑い盛りを避けて4時前から掘り始めた。
道具は使わず、ゴム手袋をはめた手でぐいぐいと掘り出す。
これが一番手っ取り早い。
手応えもあって楽しい。
思ったより大きく育った芋が出てくる。
今年は玉ねぎは不作だったが、じゃがいもは豊作である。
2014-06-15-16-35-33

2、3日庭先で乾燥させた後、暗い所での保存となる。

雑草取り

今日こそ朝から畑の雑草をやっつけようと思ったが朝からカンカン照り。

相当暑そうである。

天気予報を見ると、午後から雲が出るという。

朝からの雑草取りは中止して午後からにした。

以前、雑草と書いていたら、この世に雑草という草は無いよ、と注意を受けた。

確かにそうである。

でも、「雑」の付く言葉は他にもたくさんある。

雑穀、雑誌、雑談、雑貨・・・

意味としては、主要でない という意味で使われているのだろう。

草を生き物としてとらえ、尊敬する意味で、雑草という草は無いと言われるのであろうが、畑においては食べ物に供する以外の植物は、とりあえずは主要でないという意味から雑草で良いのではないかと思う。

そういうことで今も雑草という言葉を便利に使っている。

さて、その雑草だが、余りにも蔓延ってどこから手を付けたらいいのか分からない。

隣の畑主から、こんなに伸びたんじゃやる気がしないでしょう というお言葉をいただいた。

確かにそうであるが此の侭にしておく訳にも行かない。

まずは、みんなが通る通路側からやっつけた。

この通路に接する畝にはキューリ、インゲンを植えているが根元は雑草に埋まっていた。

根がしっかり張っているオヒシバが多いので厄介である。

一つ一つ根ごと引っこ抜かないとまた生えてくる。

草刈り鎌と八つ手のようなものを使って何とかやっつけた。

2014-06-13-14-59-02

次に八つ頭とナスを植えている畝の間の雑草に取り組んだ。

ここは土があまり踏みしめられていないので取りやすい。

取った雑草は八つ頭の畝の黒マルチの上に乗せて枯らすことにした。

2014-06-13-14-59-34

ここまで終えたところで空模様が怪しくなってきた。

西の方から黒い雲が張り出してきている。

慌てて道具を仕舞い車で逃走した。

もう一畝やっつけたかったのだが残念である。

この分だと取り終えるのにあと2日くらい掛かりそうである。

手入れをしなかった報い

雨でしばらく第1菜園に行ってなかった。

夕方少し晴れ間が見えたので飛んで行った。

畝間は相当ずぶずぶになっていると覚悟していったがそれほどでもなかった。

足を踏み入れても沈むことはない。

しかし、作物は大波乱だった。

キュウリはネットに這わず、地を這っている。

トマトも脇芽が出放題。

春菊はトウが立ち始めている。

大根は巨大化しゾウの足のようになっている。

じゃがいもは茎が倒れ始め、収穫時期を過ぎているような趣。

何よりも周囲に生えている雑草がすごかった。

IMG_4091

明日は蚊と闘いながらの雑草取りだ。 
プロフィール
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ