「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも平成竹とんぼ。

カテゴリ: グラウンドワーク川口

しばらく、自然の家での活動が疎かになっていたが、きのうは久しぶりに参加。

市内のK小学校3年生159名が校外学習でやってきた。

IMG_9500

この小学校は年に2,3回校外学習で自然の家を活用している。

今回は夏の植物、昆虫観察だった。

田んぼや原っぱに植わっている植物や生息する昆虫を探す学習である。

約80名ずつ2つのグループに分け、それぞれ田んぼと原っぱで観察し、途中で交代する。

IMG_9503

みんなは、ビンゴの用紙を画板に挟んで持ち歩く。

16マスのビンゴ用紙の各マスには黄色い花とか蝶などとヒントが書いてある。

それを見つけたらそのマスに丸印をつける。

いくつビンゴが出来たかで競うことになっている。

みんなは思い思いに散らばってビンゴを完成しようと観察を始めた。

IMG_9502

我々はそれについて歩き、質問があった時は答える。

この植物は何ですか、とか、うんこを見つけたけど何のうんこですかなど質問は様々だ。

11時半頃全員集合をかけ、ビンゴがいくつ出来たか答えてもらった。

全部できた子も数人いたが大抵は6,7個だった。

ただし、いくつビンゴをしても賞品はでない。

それでも子どもたちは楽しく学習したようである。

次回は秋の予定である。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4月20日土曜日は今年度第一回目の「見沼自然学校」が開かれ、19名の児童とその引率の父兄が参加した。

IMG_9198

今回のテーマは春の自然観察と標本作りの準備。

すっかり春になり、植物も昆虫も活気づいてきた様子をいろんな場所で観察した。

冬の間、木の幹に巻いていた「こも巻き」を外すと、沢山の小さな虫がぞろぞろと出てきた。

子どもたちは平気でそれを掴み、知らない虫がいるとスタッフに訊ねる。

IMG_9205

敷地内の池では、、ツチガエルの卵が孵って数千のオタマジャクシが岸辺にうじゃうじゃしている。

「この内無事に帰るになるのは数十匹だよ」、と言われて子どもたちは、「かわいそー」。

IMG_9200

堆肥箱では「カブトムシの幼虫が埋まってるよ」、というと子どもたちは掘り返す。

IMG_9209

「これ、持って帰って育てていいですか」

「最後まで面倒見るなら持って帰っていいよ」

などの会話が聞かれる。

IMG_9210

用水路では、芝川を遡上してきた鯉の産卵が見られた。

IMG_9215

「あ、あの鯉死んでる」と浅瀬に乗り上げて力尽きた鯉を見つける子もいた。


原っぱではミズキの枝を折って水が垂れてくるのを確認したり、よもぎとよもぎに似た毒草があることを教わったり、ヒメオドリコソウの花を摘んだりしていた。

IMG_9212

田んぼへ来ると水路に網を入れて、ドジョウや小さなザリガニを掬っていた。

IMG_9219

また、種を蒔いたばかりの稲の苗床を見ながら田植えの予定を聞いていた。

IMG_9221

お昼を食べた後は、トロ箱で育てていたアカガエルのオタマジャクシをみんなに分けて家で育ててもらうようにお願いした。

「オタマジャクシが蛙になる時、後ろ足は身体の外で大きくなるが、前足は身体の中である程度まで育ち、いきなり膜を破って体の外に出るんだよ」
と聞いて子どもたちは
「へえ」と驚きの声。

なんだかんだと自然観察が終わった後は、自然の家の畳の上で、今日の振り返りと標本の作り方の講義だった。

自然体験は驚きの連続。

それが子どもたちの想像力を逞しくするのだろう。

散人には「もう遅い」。



















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

見沼自然の家の東の原っぱの一角に、伐採した木の枝を積んで置く場所がある。

木の枝が朽ちて堆肥になることを期待している。

積み始めて10年位にはなると思える。

下の方はすっかり朽ち果てて良い堆肥になってる模様である。

しかし、毎年、次から次に木の枝を上から積むので堆肥を取る機会がない。

きょうは思い切って、上に積んである木の枝を下ろして堆肥を取ることになった。

IMG_9187

枝を下ろし始めたら手のひら位の大きなカエルが出てきた。

冬眠をしていたらしい。

IMG_9185

ウシガエルだった。

これは特定外生物に指定されており、悪いカエルである。

枝を取り除き、出てきた土をユンボで移動し始めたら、今度はカブトムシの幼虫がわんさかと出てきた。

IMG_9186

出てくるたびにユンボを止め、拾って隣に設置してある落ち葉堆肥の中に移してやった。

その数は100に近いだろう。

今年の夏は、この落ち葉堆肥から沢山のカブトムシが飛び立つに違いない。


この堆肥採集はすぐには終わらない。

おそらく数日はかかるだろう。

そしてその堆肥は田んぼや畑に撒かれる。

良い肥やしになること間違いない。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

明け方には雨が降ったようである。

朝起きた時、向かいの家の屋根が濡れていた。

自然の家に出かける10時前には雨は上がっていた。

しかし、寒い。

自然の家ではストーブを焚き、しばらく「自然っこクラブ」を主催している神山先生や西川先生と四方山話をして暖を取った。

ここを拠点に活動している「自然っ子クラブ」の2019年度のスケジュールも決まったようである。

今年度はなんと20のイベントが組まれている。

先生たちは大変だ。

散人も竹とんぼ工作などで協賛できることはありがたい。

IMG_9119

子どもの頃に自然体験をすると想像力豊かな、自己肯定感のある人間に育つ、という研究発表があるようだ。

この近隣の子どもには気軽に体験できるチャンスが与えられている。

親子でこのチャンスを生かして欲しいと思う。


1時間ほど暖を取ったあと、一人で工作作業をした。

きょうはガリガリとんぼを子どもたちに作ってもらうための材料を作った。

割り箸を切断し、本体とこすり棒を作った。

更に本体に、ギザギザを掘るための目安となる線をのこぎりで入れた。

その他にプロペラとなる材料を竹の皮の部分で作り穴を開けた。

全部で16体分の材料が出来た。

IMG_9120


子どもたちには、モノづくりの時に、この線をなぞって、棒ヤスリでギザギザ(窪み)を入れてもらう。

そしてプロペラは、角をヤスリで丸くして、本体に接着した細い串に取り付ける。

プロペラには色を塗って飾ることも出来る。

こすり棒と本体を糸で結び、出来上がりとなる。

子どもたちは約20分で仕上げる事ができる。

上手くプロペラを回すことが出来るかどうかは、子どもの工夫と頑張り次第である。

こすり方を工夫して、プロペラの回転を逆に出来る子が偶にいる。

そんな時は、君は天才だ、と誉めてあげる。

子どもが有頂天に成るのを見るのも楽しいものだ。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

グラウンドワーク川口(GWK)の総会は5月に行われる。

それを前にして、活動拠点である見沼自然の家で活動している会員の全体会議が行われた。

IMG_9055

議題は

1 規約その他の確認
2 ボランティア保険の説明
3 来期事業予定 
4 田んぼ作業計画詳細
5 自然教室スケジュール
6 活動役割分担
7 その他

であった。

毎年、ほぼ同じ流れでやっているので、基本的には問題はなかった。

その他の議題で、

GWKの一部の会員で構成されているある団体からのイベントの受託について討議された。

更に会員の高齢化についても懸念が示され、その対策が必要であるが、事務局が具体策を検討する事になった。

5月の総会には、このメンバーに加えて、行政や支援企業も参加して行われる。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

春だ、春だと浮かれていたら、急に寒くなった。

俳句の世界では、余寒、春寒、冴返るなどの季語で表現する。

何か一句と思ったが、浮かばないので諦めた。


こんな寒い日は火が恋しい。

自然の家での今日の活動は「野焼き」だった。

と言っても、極めて小規模である。

葦原の一角に、刈り取った葦を積んであった。

これを焼く機会を窺っていたが、今日は風もあまり無く燃え広がる危険もないので燃やすことになった。

積んであった枯れ葦を一面にばらまいて火を付けた。

いい塩梅に火は広がって行く。



火が飛ばないように用心しながら、枯れ葦を広げて全体が焼けるようにする。

トカゲがびっくりして、ヨロヨロと飛び出す一幕もあった。

冬眠していたのだろう。

他にも虫たちはだいぶ焼けたに違いない。

害虫だけならいいが、益虫も焼けただろう。

これはしょうがない。


野焼きは基本的には禁じられている。

しかし、この程度の野焼きは管理下の元では許されるだろう。

見沼自然の家には葦原が4ブロックあるが、毎年1ブロックずつ葦を刈って焼いている。

正直なところ、ママゴトみたいな野焼きである。

少し温まった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

見沼自然の家のイベント原っぱの奥に葦原がある。

その葦原の中に「メダカ池}を作っている。

昆虫博士のYさんの提案である。

葦が枯れている今がそれを作るチャンスである。

池を掘るのはIさん達ユンボ使いの名人である。

掘り出した土を池の周りに高く積んである。

この土を原っぱの凹んだところへ移動しなければならない。

それをやろうと思い、散人も先週ユンボの操作を習った。

きょうは2回目のユンボの操作を行った。

IMG_8790

土の山から土を掬い一輪車に落とす。

それを少し離れた原っぱにふりまく。

IMG_8792

今回は教え手なしで一人で作業をした。

仲間には、用心しな!これで転んで命を落とした人を何人も知っている。と脅された。

前回習ったことを覚えているか心配だったが忘れていなかった。

但し、操作はぎこちない。

各操作ごとにガッタンガッタンと揺れて音がする。

10時から初めて2時まで作業をした。

まだ少し山が残っている。

IMG_8795

ユンボの操作はけっこう脳を使う。

脳からの指示がうまく手に伝わらないとぎこちない。

特に二つの動作を一緒にやるのが難しい。

認知症予防にはなるかもしれない。


ユンボの作業を終わって、市内S小学校の学童保育で竹とんぼの飛ばし大会を行った。

ユンボを習ったIさんと一緒だ。

Iさんも平成竹とんぼのリーダーである。

約1時間、竹とんぼの飛ばし競争をやった。

優勝したのはなんと1年生の男の子であった。

IMG_8797

1年生もやがて2年生。

この時期になると1年生もしっかりしてくる。

子供の成長は速い。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

毎年この時期に、見沼用水周りの土手のゴミ拾いを行う。

クリーンクリーン大作戦と銘打ち、子どもたちにやってもらう。

環境保全とともにポイ捨てをしない心を養ってもらっている。

今年度最後のイベントである。

IMG_8737

大人も含めて約60名が二手に分かれて土手の脇に捨てられたゴミを拾い集める。

IMG_8739

車の往来の激しい道路なので見張りを置いて、車が来ると注意を喚起する。

ゴミとして多いのはペットボトルや缶であるが、中には産業廃棄物として扱われるゴミも捨ててある。

子どもたちは拾いやすいゴミを集める。

大人は大型のゴミを集める。

集めたゴミは専門の業者に来てもらって処理をする。

今年は家電製品や家具などが捨ててなかったので楽だった。

ちょうどお昼ごろに終了し、参加者には豚汁が振る舞われた。

年々ごゴミは少なくなっている。

子どもたちが清掃していることが広まったのであれば本望である。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は、見沼自然の家での活動日だった。

午前中はユンボの操作を習った。

超小型のユンボである。

本体自体の前進、後進、回転。

アームの曲げ伸ばし、左右移動。

ショベルのシャクリと伸ばし。

固定バーの上げ下げ。

操作の種類は簡単だった。

しかし同時に動作をさせるのは難しい。

何とか、ぎこちなくは出来るようになった。

積んであった土を、掬い上げて脇においた一輪車に積み込む作業をした。

今日は出来たが、明日も出来るだろうか。

最近は、そううことに自信がない。


午後は、以前の続きで、栴檀の木の伐採のお手伝い。

二度目なのでみんな大分慣れてきた。

IMG_8719

今日は2本伐採した。

原っぱも大分広く感じるようになった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

見沼自然の家の原っぱには、思惑違いの木が数本育っている。

小さい内は良かったが、大きくなり過ぎると、他の木の邪魔になったり、自然観察の邪魔になったりする。

原っぱだったのが、林になる可能性もある。

その木は植栽したのではなく、鳥が運んできたものである。

原っぱの中央の栴檀の木がそれである。

IMG_8675

昨日の作業でそれを切り倒した。

例のごとく、チェーンソーで倒す方向の両側に切込みを入れ、ロープで引き倒した。

IMG_8676

下に下ろすと結構な大木である。

年輪を調べてみた。

IMG_8677

意外と年輪は少なく、8年である。

8年でこれだけの大木になっている。

栴檀の木は成長が早い。

年輪の幅も広い。

北側は狭く、南側は広くなっている。

日当たりにより、成長の違いをはっきりと見せている。

これは子どもたちの自然学習の役に立ちそうだ。


切り下ろした木の幹や枝を大きなものと小さいものに分けた。

IMG_8681

これが散人の役目である。

これは近いうちに、「虫元気」のコロニーに運ぶ。

腐食すれば、カブトムシを始め多くの虫たちの繁殖の場となる。

あと数本、この対象になる木がある。

切るのは葉が茂らない今が一番いいのだがどこまでやれるだろうか。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ