「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも平成竹とんぼ。

カテゴリ: 第2菜園

雨も風も思ったほど強くなく、畑にとってはいいお湿りとなった。

じゃがいもは順調に伸びている。

この時期は芽かきの時期だが、種芋を植える前に、芽をカットしておいたので、芽かきをする必要は無いようだ。

IMG_0060

小松菜は一度は間引きをしたが、また間引きをしなければならない程伸びている。

IMG_0061

冬越しのパクチーも背丈が伸びてきた。

そろそろ花が咲くかもしれない。

パクチーは花が咲くと枯れてしまう。

今のうちにたくさん採っておかないといけない。

IMG_0066

しかし、すぐ脇に追い蒔きしたパクチーが芽を出し始めた。

こんなふうに一年中パクチーが食べられるようにしたら理想である。

IMG_0065

サラダビーツも芽を出した。

秋に育てたビーツは根が太くならず失敗したので今度は大事に育てたい。

IMG_0064

アスパラガスも今年は4本芽が出て成長したが、今年は収穫しないでそのままにしておき根が張るのを助けたい。

そのほうが、太いアスパラガスになるそうだ。

茎が倒れないように支柱を乱立させたのでアスパラガスが目立たない。

IMG_0062

三寸人参は最初蒔いた種は芽が出始めた。

二度目に蒔いたのはまだ芽出ししていない。

IMG_0063

玉ねぎはだいぶ欠けたがここへ来て伸び始めた。

植えた数の6割くらいしか付かなかった。

IMG_0074

ミョウガが多すぎるほど芽が出た。

これは地下茎で横にどんどん伸びるので他の畝にまでお邪魔している。

スギナも一緒に密集していたがこちらは退治した。

IMG_0071

可愛そうなのはネギである。

計画性もなく大雑把に植えたのだが、スギナが密集してきた。

ネギは雑草を嫌うのでこれも近々退治しなければならない。

IMG_0072

苗を植えたエンドウの一部に花が咲いた。

これは早生のようである。

その先にインゲンの種を巻いたがしっかりと芽が出た。

楽しみである。

IMG_0059

畑もずいぶんと賑やかになってきた。

これで、連休くらいになると、種から育てている、トマト、ナスなどの夏野菜が加わるので一層賑やかになる。















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

風は少し強かったが、ゆったりと終日畑仕事。

ナスとトマトを植える予定の畝に黒マルチ張り。

植えるのは連休頃になるが、地温を上げるのと雑草対策で早めのマルチ張り。

IMG_6780

この畝に植える苗は庭で育成中だが順調に育っている。

各ポットとも発芽した苗を3本に間引きしている。

もう少し大きくなったら1本にし、大きなポットに移す。

IMG_6790

きゅうりも種から育てているがまだ暫くかかる。

そこで、カミさんの母へ持って行くきゅうりは苗を購入して鉢形プランターに植えた。

まだ、朝夕寒いので、すだれで養生し、ある程度育ったら持っていく予定である。

ついでに一苗だけ畑用に買って植えた。

これも行灯で養生した。

IMG_6781

ホームセンターに行くと、いろんな苗が出ているが、畑で育てるにはまだ寒いようだ。

菊の新しい苗も買って植えた。

これは7月咲き、8月咲きである。

昨年植えた菊も育っているが、9月、10月咲きである。

IMG_6782

しかし、昨年植えた菊にはアブラムシがびっしり付いている。

このままだと育ちが悪いので、アブラムシのいる部分に米ぬかを振りかけておいた。

IMG_6783

以前、パクチーやキンセンカでこの方法でアブラムシ退治が出来た。

これは超簡単なアブラムシ対策だ。

今日の収穫はブロッコリー、カリフラワー、パクチーだった。

IMG_6779

このカリフラワーは植えた覚えがない。

ブロッコリーの苗に一株だけ紛れ込んでいたものである。


夕食では自家製のパクチー、ブロッコリー、カリフラワー入の野菜サラダを食べたが、柔らかくて美味しかった。

農薬を一切使わないので安心して食べられる。











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日までとは打って変わって今日は冷える。

花冷え以上の冷えである。

10時過ぎに畑に行った。

20屐複毅☓4m)の土地を耕うん機で耕した。

畝3つ分である。

一部は2度目の耕起となる。

耕運機の調子は、時々エンストを起こすが低速で動かすとなんとかなる。

掘り起こすというより、土の塊を細かく砕く感じで耕す。

この畑を借りた当時と比べると、土は柔らかくなっている。

馬糞堆肥をふんだんに入れたおかげだろう。

IMG_6739

午前中はこれで終わった。

耕運機にくっついた泥をしっかり落とし、回転部には油をさしておいた。

IMG_6738



昼食後、今度は畝作りである。

畝幅75cm、畝間40cmで畝を3つ作った。

IMG_6740

高畝にしたが畝肩が崩れそうである。

この3つの畝には、連休くらいにナス、トマト、ピーマン、甘唐辛子などを植える予定である。

自宅のビニールハウスで苗を鋭意育成中である。

だいぶ育ってきた。

IMG_6719

今年は上手く行くかもしれない。












    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いよいよ桜も終わる。

見沼用水には花筏が出来、道行く人々がスマフォを向けている。

IMG_6718

毎年のどかな見沼の風景である。


午後から人が来るので朝のうちに畑仕事を終えた。

今日は、筍芋(里芋)と生姜を植えた。

しかも、一つの畝に混植した。

生姜は水分と日陰を好む。

里芋と混植すると、里芋の葉が日陰を作り、直射日光や乾燥から生姜を守ってくれる。

まずは広めの畝(90cm)を用意しておいた。

畝の南側に里芋の溝を、その北側に生姜の溝を掘った。

生姜の溝は若干深めである。

そして、筍芋と生姜の種芋をそれぞれの溝に植えた。

IMG_6709

あとは土を埋め戻し、水をしっかりかけて黒マルチをした。

マルチは地温と湿気の確保に役立つ。

マルチ押さえに馬糞堆肥を被せておいた。

これは後々、土と混ぜ込み、土壌改良に使う。

IMG_6712

ほうれん草が気になる。

最初三条に蒔いたが一条だけしか発芽しなかった。

発芽しなかった二条に追加蒔きしたがこれも発芽しない。

種は同じなのだが訳がわからない。

同じ畝なのに土の条件が違ったのだろうか?

ほうれん草は酸性を嫌うという。

もしかしたら同じ畝でも石灰の撒き方にムラがあったのかもしれない。

発芽しなかった所の土に再度有機石灰を多めに撒いてよく耕し、三度種を蒔いた。

祈るような気持ちで。

IMG_6713

とにかく何事もうまくは行かない。

チャレンジするのみである。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このところパソコンの調子が悪い。

起動は遅いし、プログラムを読み込むのも時間が掛かる。

度々、「応答していません」という表示が出る。

理由は分からないが、何か裏で動いているプログラムがあるようだ。

取敢えず、起動する時に動作するスタートアッププログラムを、一部を除いて無効化した。

何とか起動は早くなった。

プログラムの読み込みも少し早くなったがサクサクという訳ではない。

まだ、何かが悪さをしているようだ。


動作が悪いのはパソコンだけではない。

耕運機もエンジンはすぐかかるのだが、途中でエンストする。

昨日は竹とんぼ仲間の井原さんに見てもらった。

やはり燃料の流れが悪かったようだ。

タンクからキャブレーターに通じるホースを外して流れを促し、燃料も新しいのに換えたら動きが良くなった。

ただ、アクセルを上げるとまだ不安定になる。

暫くは「ロー」で動かしてみることにした。

長く使わなかったので機嫌が悪くなったようだ。

散人の畑は余り深く耕さない方式でやっているが、馬糞堆肥が大量に手に入ったので土壌改良の為少し耕すことにした。

昨日はナス、トマトを栽培する予定の二畝だけをt耕した。

ミミズには悪いことをした。

IMG_6703

この後、貝殻石灰、竹炭粉、もみ殻を入れてもう一度耕す予定である。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

春爛漫と思っている矢先に夏が闖入。

昨日、今日と夏日に近い陽気で戸惑ってしまう。

愛猫も所在無げに寝そべっている。

IMG_6655

この暑い中だが、昨日は自然の家の原っぱの整備。

野蒜や蓬が大きくなっている。

原っぱの脇の用水路では鯉の産卵が始まった。

例年より2週間くらい早い。

IMG_6654


今日は庭や畑の作業。

今植物は成長期なので、庭の鉢植えには1週間おきに液肥を施している。

それに加えて今日は、鉢植えの「矢羽ススキ」の植え替えをした。

モッコウバラの枝の整理もした。

新しい芽がどんどん出てきてこんがらがってきている。

この陽気でポット蒔きしたトマト、ナス、ピーマン、キュウリなども発芽し始めた。

一時は発芽しないのではないかと心配していたが胸を撫で下ろした。


夕方は畑に行く。

コマツナも見事に発芽した。

IMG_6656

虫に食われないように用心しなければならない。

ジャガイモも発芽をし始め、黒マルチが尖り始めたのでその部分に穴を開けた。

IMG_6657

いろいろと順調に動き始めた。

気を良くしてキュウリの支柱とネットを張った。

そうこうしている内に薄暗くなってきた。

すっかりトウ立ちした青梗菜の黄色い花が目に飛び込んでくる。



菜の花や

IMG_6690

月は東に

IMG_6660

日は西に

IMG_6658

明日から春に戻るようだ。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

春爛漫。

近所の公園や桜並木は満開状態である。

毎年慣れっこになって、写真を撮る気は起きなくなった。


今朝は、井原式竹割機を改修した。

羽根を割る位置が鉈の支点に近寄りすぎていたので2cmほど遠くした。

これで鉈の刃が入った後の羽根材の動きが小さくなり、安定してきた。

IMG_6651


昼前、ホームセンターへ縁台を見に行った。

庭の縁台が古くなってガタが来ている。

アルミ製の縁台があったが少し長すぎる。それに高い。

IMG_6645

家の縁台は150cm×90cmの木製である。

作るしかないかな、と思い材木売り場へ。

IMG_6646

2×4の角材で作れば8000円くらいで出来そうである。

ちょっと、考えることにした。


お昼は、今、流行りの珈琲店へ行った。

二人でカツサンド、ミックスサンドを頼んで食べたがボリュームがありすぎてどっきりだった。

IMG_6648


午後は腹ごなしに畑に行く。

畑にもいよいよスギナが伸び始めてきた。

セロリや白菜を撤収した後の畝にもみ殻を撒いていたが、スギナが元気よく出てきている。

IMG_6637

これを退治するには、ショベルで30cmほど掘り起こし、地下茎ごと取り払わないとすぐに出てくる。

少しでも地下茎が地中に残っているとたちまち芽を出す。

今の散人にはショベルで土を掘り起こすことは不可能である。

調べたら、スギナはアルカリ性の土に弱く、他の植物が沢山繁殖していると衰退する、とあった。

一つ実験してみようと思い、スギナが一番生えている畝の一部に苦土石灰を少し多めに撒き、土をアルカリ性にし、燕麦の種をびっしり蒔いた。

これでスギナが負ければ来年は生える量が少なくなるかもしれない。

あくまでも実験なのでどうなるかは分からない。

IMG_6649

今日は他にブロッコリーを撤収した。

IMG_6650

このブロッコリーは昨年秋に植えたもので、昨年中に頂花蕾を収穫し、今年は側花蕾を楽しんだ5本である。

この後、ネットの中には、その後に植えたブロッコリーが10本あり、そろそろ頂花蕾を収穫できそうな気配である。

やはり暖かくなると何でも成長が早い。

今日の作業は手首に負担をかけることはなく痛みも強くはならなかった。

やれやれ。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

天気が続き、畑の土も乾き始めた。

やっと作業が出来るようになった。

昨日は、作物の残滓を畝から取っ払い、マルチやトンネルネットを片付けた。

その後いくつかの畝の整備をした。

深く耕すことはしない。

堆肥や米ぬか、もみ殻、竹炭の粉を施した後、表面の10cm位をレーキーで均す位である。

超ズボラ農法だ。

IMG_6638

耕運機も買ったがほとんど使っていない。

久し振りに試運転だけしてみた。

エンジンはすぐにかかるが、すぐにエンストする。

プラグかなと思ったが、仲間は燃料が回っていないのだろうと言う。

そのまま、カバーをして畑の箸に置いといた。

馬糞堆肥が仲間の畑に届いたので、一輪車で7杯ほど頂いた。

100mの距離を一輪車で7往復した。

足場が悪いのでよろけないようにするには結構力が要る。

IMG_6636

手首をかばいながらやってはいるが知らないうちに負担が掛かっているようだ。

今日は朝から手首が痛い。

少し腫れてるようだ。

自然の家で少し羽根材を作ろうと思ったが痛くてすぐに止めた。

全く役に立たない手首だ。

自分ながら腹立たしい。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久し振りに暖かい日。

カミさんは朝から実家に出掛けた。

何か用があるらしい。


天気は良かったが昼過ぎまで自宅で作業。

海の幸会の活動記録を会員に送るのに、宛名シールを作る準備。

住所不明者が10名ほど出ているが、電話で確認。

電話も不通になっている人が多く、3名だけ確認できた。


2時過ぎから畑に行った。

まだ少し泥濘んでいる。

3条に種を蒔いたほうれん草が1条だけしか芽が出ていない。

なぜかわからない。

IMG_6626

芽が出ていない2条に追加蒔きした。

果たしてどうなるか?

自宅のビニールハウスのポット蒔きはレタスだけが芽が出ているが、少し育ってきた。

IMG_6616

キュウリ、ナス、トマトは相変わらず芽を出す気配はない。

今日のような暖かさが続けば少しは期待が持てる。

ガマン、ガマン。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やっとこさ、氷雨も上がり寒さも遠のいた。

羽根材の仕掛りAを段ボール箱に詰め、宅急便で渋谷のYさんに送った後畑に赴く。

やはり、畑はまだびちょびちょ。

作業が出来る状況ではない。

隣りの畑主も眺めただけで戻って行った。

寒くても春は春である。

トウの立った青梗菜に紋白蝶が遊んでいた。

IMG_6615

玉ねぎやニンニクも茎が太くなり、緑の色合いが増してきた。

これからはどんどん成長するだろう。

IMG_6611

かき菜もネットを外してみたら大きくなっている。

一部はトウが立っていた。

IMG_6610

3株採って炒めて食べたら苦みが無く大変美味しかった。

本来は、成長中の若葉を掻き取って食べるらしいが、一度に沢山生ったので株ごと抜いて食べることにした。

栄養価はホウレンソウやコマツナより高いらしい。

今日はこの他パクチーも収穫して食べたので栄養モリモリである。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ