「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも竹とんぼ。

どこ竹彩の国

ワークショップ@美園コミセンまつり

3日間の美園コミセンまつりの中日の今日、ワークショップをやらせてもらった。

今回は、バランス紙とんぼ作りと平成竹とんぼ作りのコラボ。

2階の集会室を二部屋ぶち抜いて、飛ばし場所を確保してもらう。

美園コミセンまつりそのものが歴史が浅く、来場者もそんなに多くないので、余り期待はしていない。

午前中はある程度集中して参加があったようだがが午後からはパラパラ。

それでも36名の参加があった。

まずまずである。

IMG_5485

IMG_5484

終了後、バスで仲間の家に移動。

反省会という呑み会で労をねぎらう。

美園コミセンまつり搬入

埼玉高速鉄道の浦和美園駅のすぐ前に「美園コミュニティーセンター」がある。
通称、「美園コミセン」と言っている。
昨年一月に開館した、行政の複合施設である。
図書館あり、支所あり、研修施設ありで地域の文化、スポーツ、レクリエーション活動の拠点となっている。

その美園コミセンが15日から17日まで「美園コミセンまつり」というイベントを行う。
この施設を利用している文化団体が作品展示をおこない自分の団体をPRする。

「どこ竹彩の国」にも、参加しないかというお誘いがあった。
断る理由はないので参加することにした。

今日はその搬入日だった。
事前に準備した竹とんぼ関連の作品を持って飾りつけをした。

IMG_5465

子ども用竹とんぼ、競技用竹とんぼ(スーパー竹とんぼ)、飾りとんぼの3つのテーマに分けて展示した。

IMG_5466
IMG_5467

飾りとんぼなど一部は仲間からの借用物である。

この展示を見て一人でも多くの子どもや親が竹とんぼに興味を持ってくれれば有り難い。

そして、16日のワークショップに大勢の子どもたちが来てくれればもっと有り難い。

午後は竹工作

午後は畑に行くのを止めたので、家で竹とんぼ関連の工作をした。



竹とんぼの師匠が、今朝のブログで、羽根材の穴あけの記事をアップしていた。

その中で、目印を付けないで、いきなりキリで穴を開ける画像が出ていた。

上手くいくのかどうか問い合わせると、冶具を使っているのでほゞ上手く行くという。

早速その冶具を作ってみた。

IMG_5366

冶具に羽根材を乗せ、位置合わせをしてキリを降ろすと、ほゞ中心に穴が開けられる。

これまでは、あらかじめ羽根材に、サンプル羽根材を使って目印を付け、その後キリで穴を開けていた。

これで一工程省略することが出来る。

平成竹とんぼは材料作りが大変なので、一工程でも省略できると楽になる。

今日はこの他に、羽根材の「仕掛りC」を井原式竹割り器を使って250個ほど作った。

この冶具も羽根材を作るにあたって、「幅割り」と「厚さ割り」を標準化できる「優れもの」である。

IMG_5365

戸塚綾瀬小学校

今日は戸塚綾瀬小学校の放課後学童クラブで竹とんぼ作り。

昨年は飛ばし大会を実施したが、今年はどうしても作りたいという依頼が来た。

30名を3つのグループに分け、各グループにリーダー1名とアシスタント1,2名で実施。

男子だけのグループが一つできたが、やんちゃな子供が多く、Yリーダーは手こずっていた。

IMG_5210

教室内でライターを使うことが出来ず、ひねりは教室外でやるという変則的なことはあったが、全員無事に作り終えた。


飛ばしは校庭で思いっきり飛ばすことが出来た。

風もそう強くなく、陽射しもなかったので、時間一杯飛ばしを楽しんだ。

IMG_5211

上手く飛ばせた子は機嫌が良かったのか、最後に握手を求めてきたのには驚いた。

数人の子と握手とハイタッチをして今日の竹とんぼ教室を終えた。

あいキッズ

「あいキッズ」とは板橋区の放課後支援対策事業であり、区内の52小学校が実施している。

今日はその中の一つ、上板橋第四小学校で竹とんぼ教室を行った。

この小学校の「あいキッズ」はNPOアフタースクールが委託を受けている。

参加した学童は1年生から6年生の20名。

時間は1時間半を貰っていたのでゆっくりと指導が出来た。

約50分を掛けてミーティングルームで丁寧に作った。

主任講師はTリーダー。

子どもは扱いなれているベテランである。

一方的に教えるのではなく、子どもとやり取りをしながらの指導だった。

部屋は冷房も効いていて快適。

作り終えた後は体育館に移動して飛ばし方の指導と飛ばし遊び。

大きな体育館を20名でゆったりと使った。

IMG_5186

IMG_5187

担当したアフタースクールの先生は今春T大学を卒業したばかりのピチピチの女性。

我々のことはネットで知ったそうで、本人から直接電話で依頼があった。

安全な飛ばし方をマスターした後は、的入れやキャッチとんぼをして遊び、最後には一人ずつ飛ばして距離競争をした。

体育館は冷房設備は無く、子どもたちも我々も汗だくになりながらの飛ばし遊びだった。

子どもたちは元気で、まだ遊び足り無さそうだったが、我々はくたくた。

終わった後は冷房の効いた部屋で休息し、しばらく先生と話をした後、学校を後にした。


鳩森小学校サマースクール

鳩森小学校のサマースクールで竹とんぼ教室を開催した。

どこ竹彩の国のリーダーの一人であるY先生からの紹介である。

Y先生は生憎他の掃除があり参加されなかったが、ご主人のYさんがリーダーとして参加した。

Y一家は家族揃ってのどこ竹のリーダーである。


第一回目の授業は、13時30分から45分。

1年生から6年生の児童21名を4つのグループに分けて、それぞれにリーダーがついて指導した。

素直な児童が多くとても教えやすかった。

30分で制作を終え、体育館に移って飛ばしの指導をする。

最後の5分で、各グループごとに一斉に飛ばし距離を競い合った。

トップ2にはくびれ型の竹とんぼを提供した。

第2回目は2時30分から45分。

児童数は23名だったが、内容は第1回目と同じである。

制作場所の図書館は冷房が効いていて快適だったが、飛ばしの体育館は冷房がなく汗だくだった。

それでも子どもたちや指導の先生、支援員の方々が喜んでくれたので疲れは飛んで行った。

体調を崩している散人だったが、何とか持ちこたえた。


なお、今回から、新しい作り方マニュアルを使った。

以前のマニュアルよりも工程が細分化されている。

image




かわぐち環境フェスタ

今日は午後から、川口環境フェスタでの竹とんぼ教室に参加。

1時半から30分ずつ5回に分けて合計38名の子どもに教えた。

時間ごとに予約券(整理券)を最初に配布して、他のイベントにも参加できるようにしたが、予約券はすぐに無くなった。

後から、作りたいという人が10人ほど出てきて断るのが辛かった。

今日はKリーダーと二人で講師をしたので比較的楽ではあった。

IMG_5153

どこ竹彩の国の竹とんぼ教室は作るだけでなく、飛ばし方もしっかり教えることにしている。

作った後は屋外の庭園で一人一人飛ばし方を指導しみんなで飛ばして遊んだ。

IMG_5155

今日の売り上げは、Kリーダーが関わっている、ボルネオのオランウータン保護のために使うことにした。

けん玉と竹とんぼのコラボ in 夏詣

台風の影響を少し心配したがそれは全くなかった。

境内には大きなテントが用意された。

一応のセッティングが済んだあと、茅の輪をくぐり、本殿に参拝し、この半年の穢れを祓い、このあと半年の安寧を祈った。

IMG_5057

IMG_5058

参道の脇には、江戸時代の七夕まつりの飾りが紹介されていた。
現代より、もっと優雅に、祭られていたようである。

tanabatakazari

お休み処には浴衣姿の若い娘さんたちが日傘の下で暑さをしのいでいた。
どうも海外から来た観光客のようだ。

茶屋

11時ころになると、夏場の暑さを乗り切るために食べる、うなぎに対して感謝の気持ちを捧げる、「うねぎ奉納まつり」にやって来た近くの幼稚園の園児たちが100名余り神楽殿の前に集まった。

禰宜さんの計らいで、園児の前で、けん玉と竹とんぼのデモンストレーションをさせてもらった。

幼稚園児けん玉

坂井天翠名人のけん玉の技に園児と母親たちはびっくり仰天であった。

午後は神楽殿の前で、東京大歌謡楽団の懐かしい演奏と歌が3回にわたって催された。

IMG_5060




今回のイベントは、竹とんぼとけん玉のコラボレーション。
総勢7名のリーダーとけん玉名人が集合した。
この浅草神社で結婚式を挙げたという若いリーダーも駆けつけてくれた。

全員集合 (2)

参道を訪れるのは殆んどが観光客だったが、けん玉の技に惹かれて近づき、けん玉を手に取って挑戦する外国人が沢山いた。

IMG_5059

竹とんぼにも興味を持ち、手に取って飛ばしてみる外国人はたくさんいたが、作るところまではいかず、せいぜい、並べてあったスーパー竹とんぼ、千代紙竹とんぼ、くびれ竹とんぼを買ってくれる位だった。

それでも3時近くになって、午前中にデモンストレーションを見た園児たちが、母親に連れられて大勢やってきて竹とんぼ作りを体験してくれた。

禰宜さんの配慮に感謝である。

今年は昨年と比べると比較にならないほど盛況であった。
けん玉とのコラボが功を制したようである。

今後もこのコラボは機会あるごとにやっていきたい。


さて、何はともあれ反省会である。

今年もホッピー通りの「赤とんぼ」に集まった。

オープンカフェならず、オープン居酒屋である。
客は道路に設えてあるテーブルまで一杯だったが何とか入り込めた。

ホッピーを飲みながら約2時間、けん玉のマネージャーを含め、ワイワイととりとめのない話で終始した。

帰りに、夜の参道を見てみようと、再度浅草神社に立ち寄った。

参道はライトアップされ、まだ参詣客の姿が沢山見えた。

IMG_5062

参道の途中には、天の川を見立てたLEDが灯され風情を醸し出していた。

天の川

逆に、神楽殿では一切の電灯を消し、和蝋燭だけを灯した中で、地酒と江戸おつまみで一献かたむけるという、「陰翳礼賛」の行事が行われていた。
遠くからは、和蝋燭に映る人の動きが少し感じられるだけで、詳細は分からなかった。

IMG_5061

我々もその雰囲気につられ、もう一軒行くことになり、近所の「ニュー浅草本店」という、何やらいわくありそうな居酒屋で軽く一杯やり、お開きとした。

浅草神社の前準備

台風3号の動静にヤキモキしながら明日の準備をした。

いつもと違って、テントに掲げる看板や、販売品のPOPがあるので手間暇かかる。

先ほど全部揃った。

台風は速度を速めたので、何とか抜け切るようだ。

雨や風を残してくれなければ良いのだが・・・。

何やかやで大層な荷物になった。

キャリー1個、リュック1個、手提げ1個。

ファイル 2017-07-04 18 04 57

終わってから飲めないので車では行かない。

この荷物で電車の乗り降り、乗り換えは大変だが仕方がない。


昨年は、神社の禰宜さんも出てきて、「トルネード・ネギちゃん」で竹とんぼを楽しんでくれたが今年はどうだか・・・


夏詣矢野禰宜さんがトルネードに挑戦2016

竹とんぼホルダー作り

自然の家での今日の作業は竹とんぼホルダー作り。

自然の家の土間で、黒竹を熱線糸のこで5、6cmに切断。

IMG_5046

このあと、ボール盤で糸通し穴を開ける。

ここまでは自然の家での作業で、あとは自宅での作業。

ホルダーに「夏詣」のシールを貼り、糸を通して出来上がり。

糸はスライド式に結んであり長さを調節できる。

ホルダーに竹とんぼの軸を通して持ち運びができる。

今回は竹とんぼが飛び出さないように、細い竹でストッパーを付けた。

5日の浅草神社での竹とんぼ作りに活用する。

竹とんぼ作りだけでなく、スーパ竹とんぼ、千代紙竹とんぼ、竹とんぼブローチなどの販売もする。

飾りつけの一部のイメージを作ってみた。

IMG_5049



プロフィール
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ