「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも平成竹とんぼ。

カテゴリ: どこ竹彩の国

5年前、浅草神社(三社様)1社で始まった「夏詣」。

5回目の今年は全国84社の社寺が参加する程に発展した。

この勢いだと来年は150社を超えることが予想される。

夏詣の初日7月1日には「社子屋」(やしろこや)も開催された。

寺子屋の神社版で朔日(毎月1日)に開かれている。

今月は、「つまみ細工」「平成竹とんぼ」「けん玉」の3種類の和事体験である。

社務所2階の会議室には老若男女50名あまりの人が集まった。

まずは古事記の話が10分あり、そのあと、今日の講師の紹介があった。

IMG_7397 (2)

それが終わると、多くの人が「つまみ細工」を体験する。

誰にでも作れる体験版だそうである。

36575308_1983448785059095_5119894032385835008_n

「つまみ細工」が一段落した人は、一階の和室に移動し、けん玉と平成竹とんぼを体験する。

普段は結婚式や祈祷を受ける人の控室として使われる厳かな部屋である。

長男の結婚式にここを使わせて頂いた。

なにか因縁を感じる。

けん玉はけん玉道2段の坂井さんの指導である。

老いも若きも、経験者も未経験者もけん玉の難しさと面白さを楽しんだようだ。

36456976_1983448908392416_8763505743828615168_n

平成竹とんぼは座卓に座っての体験である。

このような広間で竹とんぼ作りを指導するのは我々も初めてで緊張する。

畳や机を汚さないように細心の注意を払った。

36530569_1983448801725760_3106389290729340928_n

今回は「平成竹とんぼ協議会」の片田会長も顔を出し、指導に当たられた。

約1時間半、次から次へと体験希望者が現れ、息をつく暇もなかった。

飛ばしの練習は境内で行ったが、風がいい塩梅に吹いていて、みなさんが実力以上に飛ばすことができ、喜んでもらったようだ。

予定の50機はすぐに無くなり予備の材料を出すほどだった。

部屋は冷房がきいていたが、大勢の人と緊張で汗だくだった。

終わったらすぐにホッピー横丁に繰り出し、「赤とんぼ」と言うお店でビールをあおり、喉の渇きと身体のほてりを癒した。


4日はいよいよ「夏詣」協賛の境内での平成竹とんぼ教室を行う。

浅草寺幼稚園の園児たちがたくさん来る予定である。

他に、スーパー竹とんぼや飾り竹とんぼ、竹とんぼブローチ、大人の輪ゴム銃などの販売も行う。

大勢のお客さんが来てくれることを期待している。















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

朝から雨。

取り敢えず、見沼自然の家に行ったが作業は出来ず、1時間ほどいて帰宅。

途中畑に寄る。

昨日、トマト、ナスの畝の周囲を防虫用ネットでぐるりと囲み、ブロッコリーにもトンネルネットを掛けたが特別の変化はなし。

これでトマト、ナスのカラス被害がなくなり、ブロッコリーは虫よけになる。

IMG_7343

トマト、ナスには骨粉を、ブロッコリーには油かすを昨日施肥しておいたので今日の雨で土に吸収されいい塩梅である。


帰宅後は終日家で工作。

いずれも途中までとなっていた、ブローチや友禅とんぼを作り終えた。

IMG_7348

また、「夏詣」バージョンの竹とんぼホルダーも40個あまり出来上がった。

雨の日も、やることがあって、退屈することはない。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今学期第一回目の、戸塚南小学校の特別授業「ぐんぐんドリーム」があった。

地域の住民がゲストティーチャーとなり、学校の授業にはない学習をする授業である。

対象は5年生、6年生。時間は60分。

竹とんぼ作りはナイフを使ってくびれ型の竹とんぼを作る。

今日は20名の児童が参加した。

主任講師は竹内リーダー。

お子さんもこの学校に通っている。

大変丁寧な教え方である。

IMG_7339

最近は若いリーダーに主任を務めてもらうことが多く楽になってきた。

ナイフを使うので神経は使うが、器用な子が多かったので手こずることもなかった。

スムーズに行ったので飛ばす時間をたくさん取れ、竹とんぼの楽しさを味わってくれたと思う。

付添の若い先生も、平成竹とんぼは初めてだったらしく、その飛びの良さに驚いていた。

IMG_7341

次回は10月に行う。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は某マンションのイベントで竹とんぼ教室を行った。

これは大手不動産管理会社からの依頼で昨年に続き2度目である。

応募してきた子どもは16名。

800世帯ほどを擁する大きなマンションではあるが集まった子どもは拍子抜けするほど少なかった。

講師はネギちゃんと吉川さんと散人。

材料、道具は吉川さん担当。

主任講師はネギちゃん。

散人としてはとても楽な教室だった。

IMG_7322

子どもが少ないので父兄にも入ってもらい、30名弱の教室になった。

講師2名はロの字型に置いたテーブルの中に入り、12,3名を指導した。

時間もたっぷりあったので、1工程ずつ確認しながら、丁寧な指導が出来た。

出来上がったらお楽しみの飛ばしの練習。

雨模様だったので室内でスペースを取り父兄も一緒になって練習を始めた。

IMG_7323

一斉に飛ばすことはさせず、数人ずつ別れて飛ばさせて、上手く飛ばせない子は個別に指導したので割合早く上達した。

また、飛ばした竹とんぼを走って取りに行くことを禁じたので、竹とんぼを踏み潰すというハプニングもなかった。

最後にグループに分かれて飛ばし競争をしてもらった。

IMG_7325

上位5名にはスーパー竹とんぼの景品を付けたので、みんな必死だった。

子どもも父兄も更に管理者の方にも喜んでもらった一日だった。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

朝から雨。

雨とともに気温もぐっと下がった。

カメのくーちゃんも殆ど動かない。

水温は17度しかない。

適温より10度も低い。

ヒーターを入れなければならないようだ。

カメだけでなく、散人も頭が重い。

細かい作業で目を酷使すると、目の奥から頭の方にかけて重くなる。

メガネが合っていないようだ。


そんな中、朝から国際友好竹とんぼを作った。

インバウンドの多い東南アジアの国を中心に10カ国の友好竹とんぼを作った。

IMG_7313

淺草神社の夏詣用である。


夕方は児童センター「あすぱる」で月例竹とんぼ教室があった。

1年生から4年生まで8名の児童が竹とんぼを作って飛ばした。

IMG_7316
IMG_7317
IMG_7318
IMG_7314

外が雨なので、子どもたちは時間いっぱい遊んで帰った。

頭の重いのはとうとう治らなかった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日、今日と2日連続の竹とんぼ関連のイベントだった。

昨日は「戸塚南・あすぱるエコクラブ」の竹間伐のイベントの後、参加者に平成竹とんぼを作ってもらった。

本来なら間伐した竹を材料にすれば良いのだが、残念ながら間伐したのは孟宗竹だった。

約20名の親子が参加した。

このイベントのため、GWKの田植えには参加できなかったのが残念である。


今日は、どこ竹彩の国の例会兼材料作り兼竹とんぼ教室。

竹とんぼ教室の準備はしているが参加者はなかなか来ない。

タケコプターも手持ち無沙汰である。

IMG_7232

メンバーはセッセと羽根材のバランス取りをしている。


終了間際、おばあちゃん、息子さん、孫娘の3世代の家族が入ってきた。

もちろん全員総出で指導に当たる。

IMG_7233

おばあちゃんもいい経験が出来たと喜んで帰ってもらった。













    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は幡ヶ谷「清岸寺」の観音まつりで竹とんぼ教室。

このお寺の檀家で平成竹とんぼ協議会の認定リーダーであるYさんのお世話である。

IMG_7093
IMG_7091

この数年恒例となっているが、今回は平成竹とんぼ協議会の会長であるKさんも参加され、「ガリガリとんぼ」作りを指導された。

IMG_7088

10時の開場を前にして、親に連れられた子どもたちが続々と現れ、馴染みになった竹とんぼを作り、飛ばして遊んでくれた。

「ガリガリとんぼ」は初めての登場だったが、親もこれを見てびっくり、こんな玩具があることさえ知らない様子だった。

子どものみならず、大人も珍しがって作って喜んでいた。

IMG_7094

天候も幸いし、例年以上の盛り上がりで竹とんぼとガリガリとんぼで70名近い参加があった。

我々は、結局忙しくて、本堂の前で開催された、フラダンスも落語も津軽三味線も見ることが出来なかった。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

渋谷のこども科学センター「ハチラボ」では、この連休中、日替わりでワークショップを行っている。

今日29日は、竹とんぼ教室が行われた。

渋谷在住のYリーダーが請け負って諸準備を進めてくれたので、その応援に行った。

この時期、毎年竹とんぼ教室は定例ワークショップとなっている。

IMG_6951

今回は平成竹とんぼ協議会のK会長も応援に駆けつけてくれた。

午前中は10時から12時まで、午後は1時半から3時半まで、五月雨式に受け入れ63名の親子が竹とんぼ作りと飛ばしを楽しんだ。

IMG_6952

リーダーも新人からベテランまで6名が参加し、ゆとりのある教室ができた。










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

思ったより早く雨模様になり、気温も下がってきた。

昨日ポットに蒔いた種もこの寒さでは可哀そう。

ビニールハウスから室内に移動させた。


雨で外遊びも出来ないので家の中で遊んだ。

過日、知人に渡した「ガリガリとんぼ」の評判が良さそうなので新たに作ることにした。

竹箸10膳で20個出来る。

今日は本体とプロペラを準備した。

IMG_6560


3時過ぎに「あすぱる」の竹とんぼ教室に参加した。

今年度最後の教室である。

学校を終えた子どもたちが一旦家に帰り、カバンを置いて遊びに来る。

その子どもたちを対象に毎月第3金曜日に開かれる。

今日はリーダーは3名参加した。

1時間の間に16名の子どもが参加し、竹とんぼ作りと飛ばしを楽しんだ。

IMG_6561

IMG_6563

今年度は延べ139名の子どもが「あすぱる」での竹とんぼ教室に参加したことになる。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

傷めた親指の付け根は思わしくない。

少し動かすだけで痛みが出る。

使うなと言われても、使わざるを得ない。

何をするにしても親指は動かさない訳には行かない。

そんな中、今日は自然の家の工作で、「井原式竹割器」の改良版を作った。

知人から片刃のヤスリ製ナタを貰ったのでそれを活用した。

これまで両刃を使っていたが、片刃の方が薄く割る時に、上下同じ厚さ(薄さ)に割れるような気がする。

割る時、皮側が当ての板に押し付けられるので、両刃だと板を押し出すような形になり、無理が生じる。

無理が生じると下の方が薄くなるような気がする。

上下が同じ厚さに割れないとバランスが良くない。

バランスを調整する時にヤスリを使う時親指に負担がかかる。

その負担軽減のために割った段階でバランスの取れた(上下同じ厚さの)羽根材が欲しいのである。

果たして効果があるのかどうか、やってみないと分からない。

IMG_6546

判断は沢山やってみてからになる。



今日は暖かかった。

帰りに畑に寄ったら、ブロッコリーの花蕾が開き始めていた。

IMG_6542

開いてしまったら食い物にならない。

ざる一杯分収穫してきた。

暫くはブロッコリー漬けかな。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ