「見沼散人」の身の丈生活

頑張らない。欲張らない。見沼の里のわび住い日記。
出前竹とんぼ教室募集中! どこでも、いつでも平成竹とんぼ。

カテゴリ: 第3菜園

家の被害は皆無。

畑はかなりの被害。

第二菜園。

ナス、トマト、甘唐辛子、ブロッコリーの苗は倒伏。

IMG_9853

ナス、甘唐辛子はまだ収穫できているのでしっかりと立て直した。

トマトはもう終わっているのでいい加減に立て直した。近々撤収。

ブロッコリーは丁寧に支柱に結びつけた。生育に影響はなさそう。


オクラ、タケノコイモ、菊芋も倒伏。過日播種した小松菜、紅菜苔は影響なし。

IMG_9854

オクラはしっかりと立て直し支柱に固定。

タケノコイモ、菊芋までは手が回らずというか、どうして良いかわからず暫く放置。


第三菜園

水浸しで当分手がつけられない。

IMG_9855


IMG_9856

乾くのを待つ以外はない。


まあ、予想通りの被害だった。

このところの暑さも手伝って、体力も落ちているので、天候と体力の回復を待って対処する以外にない。

それにしてもこのだるさは何だ。

冷房病か?熱中症か?

今日は家の中でゆっくりだ。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日は午前中は浦和古本市。

カミさんが行きたいと言うので一緒に行った。

毎月最後の週末に開いているが時々出かける。

特に目を引いた本はなかった。

3時位から畑に行く。

久しぶりに耕うん機を使い「島耕作」。

一部には、更に堆肥を乗せたのでもう一度「島耕作」をして土を細かくしたい。

これで予定の半分ほどを使えるようにした。

白いハウスの手前の草が生えているところはこれからである。

ここはゆっくりやる予定である。

この畑、今は第三菜園と言っているが、名前を付けたい。
IMG_9810
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

暑さが少し和らいだだけで、畑仕事は随分と楽になった。

これまで、ためらっていた作業も進んでやる気になる。

昨日の土曜日は、月イチの堆肥が搬入される日だった。

畑の入り口に野田厩舎から2t車で運ばれた馬糞堆肥はいつもより少なかった。

IMG_9789

これを4人で分け、それぞれ自分の畑までネコ車で運ぶ。

すぐに使う予定のない第三菜園の畝に、少しずつ置いていった。

IMG_9790

これを耕うん機ですき込んでおけば、一月ぐらい経ったら畝は使えるようになる。

このあと、草茫々になった畑の草刈りをした。

IMG_9786

IMG_9787

昨日ははこんなところでお終い。

いくら暑さが和らいだとはいえまだ暑い。

無理は禁物である。


そして今日も草刈り。

ほったらかしにしていた第二菜園の草刈りをした。

見るも無残な状況になってネギも草の陰に隠れて可愛そう。

IMG_9792

これが小一時間できれいになった。

IMG_9793

他にもオクラの周りもきれいにした。

IMG_9794

一番最初に草を刈ったところはすでに土が乾いてきた。

IMG_9791

第二菜園は今年一杯は使うので葉物やブロッコリーはまだ植え付け可能である。

草刈りはトマトやナスを植えている周囲、タケノコイモを植えている周囲などまだまだたくさんある。

今月一杯にはなんとかしたい。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

連日の暑さは、とても畑仕事どころではない。

この2、3日は畑に行く気もせずサボりっぱなしだった。

しかし、このままではせっかく刈った草がまた伸びてしまう。

今日は午前中は気温が34度止まりの予報だったので重い腰を上げた。

一部の畝だけでもウナっておこうと思い、3つの畝に堆肥を乗せた。

IMG_9717

この畝には、より高畝にするために、他の畝から土を持ってきて盛ってある。

今度の畑は広いので、一部の土地を使わず、その土を使用する畑に持ってきて高畝にしようと思っている。

更に長畝にせず3mあまりの畝をたくさん作るつもりである。


耕運機は順調にかかった。

しかし、土が湿っているため運進はうまく行かない。

深く入るところと浅いところとで四苦八苦である。

約40分かけてやっと9坪をウナッた。

IMG_9718

出来栄えはしっくりこない。

再度堆肥を置いて均等になるようにウナおうと思ったが限界だった。

体中から汗が吹き出している。

無理は禁物なので早々に退散することにした。

前の畑から、ナス、トマト、オクラ、ズッキーニ、お花を収穫して帰宅した。


今日は女子ゴルフトーナメントの最終日。

前回優勝した稲見萌寧は今回は不調である。

第一日目から精細さを欠いたプレーだったが立ち直れなかった。

結局は+7で60位タイだった。

ホールバイホールを見ても良いところはなかった。

スクリーンショット 2019-08-04 15.44.50


次に期待したい。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

やっと梅雨も明けそうである。

長かった。

梅雨が明けたら畝作りをしようと除草していた新しい畑もまた草が生え始めていた。

再度除草し直しだが、前回大きな草は根から刈っておいたので比較的小さな草が多い。

畑が広いので、手刈りだけでは手に負えそうにない。

そこで充電式の草刈り機を購入した。

71x5wIxP0aL._SX522_

エンジン式より力は劣るが葦などの大きな草を刈る必要はないので間に合う。

今日はその草刈り機を初めて使ってみた。

回転は落ちるが軽くて使いやすい。

手首を痛めている散人にも無理なく使える。

上っ面だけ刈るとすぐに出てくるので、なるだけ根元から切るようにした。

昨夜雨が降って、畝も畝間も濡れており、ぬかるんで刈りにくいが乾燥したらもっと簡単に出来るだろう。

問題は電池の持ち時間である。

30分しか持たないというので2個購入した。

今日はその2個を使ってほぼ予定通りの畝を刈り取ることが出来た。

IMG_9646

刈った草をそのままにしているので達成感がないが、少し枯れてくれば出来栄えも確認することが出来るだろう。

早く梅雨が明けてほしい。

これまでの畑では梅雨の影響で作物がイマイチだが細々と収穫はできている。

今日は、ナス3本、きゅうり2本、ズッキーニ2本、ピーマン2個、甘唐辛子12本、ミニトマト8個が収穫できた。

その他に、カミさんが喜ぶ、仏さんの花(グラジオラス、百日草、アルストロメリア)が採れた。

新しい畑では、仏さん用の切り花が一年中採れるようにするつもりである。

忙しくなりそうだ。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

相変わらず、パッとしない天気が続いている。

昨日は終日家の中。

今日も朝から雨模様。

祝日ではあるが、自然の家に行ってみる。

4名来ていた。


今日は工作作業の日なので竹とんぼの羽根材を作った。

飛ばし大会の賞品に使う、くびれとんぼを30枚ほど作った。

IMG_9622

買い物があったので昼に帰宅。

夕方は雨が降ると思っていたが4時になっても降ってくる気配がない。

それならば、と畑に行く。

このところ新しい畑の整備も忙しい。

9日から初めた溝(明渠)がやっと一本出来上がった。

IMG_9620

雨の降らない夕方だけの作業なので中々捗らなかった。

水路にうまく排水すればいいのだが、今は雨で水路の水位も上がっているので排水しない。

まあ、逆流しないだけマシである。

このような明渠をあと2本掘らねばならない。

暑くなる前に出来ればいいが・・・。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この10日間の日照は、たったの5時間だとか。

例年だと梅雨明けし、いよいよ暑くなるなあ、と嘆いている時期なのに、今年はまだ梅雨も明けない。

この先2週間もこの調子だという。

作物にとっては日照が命綱。

夏野菜が全く不調である。

しかし草だけはよく伸びる。

作物が埋まるくらいに伸びている。

IMG_9591

今日は雨もないので草刈りに終始した。

少し取り残していたジャガイモも草を刈ったら出てきたので収穫した。

でも、みすぼらしい。

IMG_9593

この時期は畑作業をしていて喉が渇いたり、小腹が空くと、ミニトマトをもぎって食べていたが、今年はトマトはまだまだ先である。

仕方がないので、小ぶりのきゅうりを一本もぎってかじった。

IMG_9592

このきゅうりは型が良いほうで、他は丸くなっている。

日照が不足するとそうなるらしい。

午前中はこれまでの畑の草取りをしたが、午後は新しい畑の溝掘りをした。

すぐ近くにではあるが、知人が管理している畑に空きが出たので新たに借りた。

こちらがうまく行けば、これまでの畑は返すことにしている。

新しい畑も田んぼの跡なので土は湿りがちである。

特にこのところの雨で耕運機が入らないほど湿っている。

何とか大きな草だけは刈ったので、後は日が照って土が乾けば耕運機を入れて整地したい。

取り敢えずは畑の周囲に溝(明渠)を掘り水の逃げ場を作ろうと思い取り掛かった。

幅と深さ30cmほどの溝を7mほど掘って今日は終わりにした。

IMG_9594

しばらくはこの作業が続くだろうが、この先2週間は日が照るのが少ないと言うのでその間にやっつけたい。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ