タグ:リハビリ

今朝は流石に寒かった。

目は覚めても床を離れるのに勇気が要った。

7時に目は覚めたが床を出たのは8時だった。


こんな寒さだったが、コンポストに入れる生ゴミが溜まっていたので10時過ぎに畑を訪問した。

北風も強いのでネックウォーマーを付けての完全防寒である。

いつも、一旦畑に踏み入れると何かと気になることが見えてくる。

今日はスズメノカタビラである。

畝の上や畝間にはびこり始めた。

スズメノカタビラはイネ科の植物で、今は小さいが放って置くと手がつけられないほど大きくなる。

今、地上に出ている部分はそう大きくない。

IMG_0430

だが、掘り上げて見ると根がしっかりと株状に食い込んでいる。

IMG_0433

この根が養分を吸収して暖かくなると地上部を大きくほこらせる。

地上部を刈り取っても、根が残っているとそこから芽が出て大きくなる。

大変厄介な草である。

今の内に根こそぎ退治しておかないと大きくなってからは手の施しようがなくなる。

畑を訪れるたびに少しずつ抜いている。

地道な作業である。

今日はアサツキと小松菜の畝周りのスズメノカタビラを退治した。

根ごと引き抜くので結構な時間が掛かる。

1時間半ほどで小さなコンテナに八分目ほどしか取れなかった。

IMG_0434

今日の畑仕事はこれだけでお終い。

珍しく良く成ったほうれん草を少し収穫して帰宅した。

IMG_0435


午後は義母の見舞いに行った。

リハビリ病棟に部屋を移ってからは初めてである。

いびきをかいて寝ていた。

これまでは二人部屋の一人使いだったが今度は四人部屋になっていた。

昨日からリハビリが日に2回になったそうである。

歩行器を使っての足取りは少しは改善したようだが、立ったり座ったりの動作はだめなようである。

コルセットを当初は嫌がっていて、行くと苦情を言っていたが、慣れてきたようで今日は苦情はなかった。

入院して20日経った。

まだまだ先は長そうだ。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日から義母のリハビリが始まった。

午前中に誂えのコルセットが届いていた。

第5腰椎なので上下の幅はそう広くない。

腰回りだけを安定させるコルセットだった。

取り敢えず、ちょっと動きを見てみましょう、とリハビリの先生が廊下へ連れ出した。

もちろん歩行器を使ってである。

歩行器なしでは全く歩を進められないようだ。

前へ進ませながら足取りを観察していた。

割とスムーズに足は出ている。

痛みは少しはあるようだ。

IMG_0420-

10mほどを2回往復して終わりとなった。

この調子ならば明日からはリハビリ室でビシバシやります。

という事だった。

目標は
1、痛みをコントロールしながらストレッチと筋トレでスムーズに動けるようにする
2、コルセットを付けて歩行が出来るようにし、病棟生活が送れるようにする
3、生活関連動作の訓練をし、元の生活が出来るようにする
だそうである。

医師は「3ヶ月はかかるでしょう」という。

義母はせっかちだから、少し歩けるようになった頃、もう大丈夫、退院する、と言い出しかねない。

その時は孫とひ孫を連れて行って、おばあちゃん、まだ駄目、と言わせねばならない。

なにせ、我々の言うことはちっとも聞かないから・・・

大正の女は頑固だ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ