昨日の午後、義母が入院している病院に区の介護認定調査員が来た。

50歳代のご婦人だった。

これまでは要支援の認定を貰っていたが、介護の必要があるかどうかの調査だった。

こちらから依頼はしていなかったので、要支援で来ていたケアマネージャーさんが手配してくれたようだ。

ということは、退院しても要支援ではなく、介護支援を受ける必要があると判断したものと思われる。

調査は15分ほど本人からの聞き取りとした後、病院の看護師さんからの聞き取りもしたようだ。

一人で立てるか、寝返りは出来るか、薬は自分で飲めるか、トイレはどうしているかなどの身体能力の聞き取りのほか、今どこにいるか、今はどの季節かなどの認知能力の聞き取りもしていた。

結果は2月に決まり郵送で連絡するとのこと。

我々は退院後は自力で歩き、生活もある程度は出来るものと期待しているが、不安になってきた。

今日から、リハビリ室のある3階に病室を移し、本格的なリハビリを行うようだがうまくいくことを願うのみである。